Washington,D.C. 1



アメリカの首都 ワシントンDC どこの州でもない街。
ワシントン州という州もあるからややこしい。

去年、今回のアメリカ旅行を計画した段階では、
ヒラリー・クリントン大統領が住んでるホワイトハウスを見に行く!
のつもりだったから、いまいちテンション上がらなかったのよ。

街は、東京の丸の内あたりに似てて、
海外に来た感じはしなかったわ。


ホワイトハウスの裏
テレビでよく映る、みんなが写真撮ったりレポーターがいたりするのは、
実は裏側なんですって。

IMG_7696_convert_20170625093611.jpg


リンカーンの像がある建物
ここまで歩いただけでもうヘトヘト

一つ一つの建物(観光スポット)が、
ガーーーーーーーーーっ!  遠すぎる!

IMG_7242_convert_20170625093833.jpg


建物の階段を上らないとリンカーンは見えない。
疲れたからもういいか、と思ったけど、階段を上がれば日陰。
日陰求めて上りました。

リンカーン

fullsizeoutput_ad6_convert_20170625094005.jpeg


リンカーンを背にして前を見ると、こう

IMG_7709_convert_20170625094043.jpg

とーーーーーくに見えるモニュメントを目指して
フラフラになりながら歩く


fullsizeoutput_ad7_convert_20170625094211.jpeg




もう地面にヘタリこんででかい鉛筆を見る

IMG_7257_convert_20170625095046.jpg


く。首が・・・・・

IMG_7714_convert_20170625095200.jpg


広い鉛筆公園をFBI本部を見たくてひたすら歩く。


fullsizeoutput_a22_convert_20170625100128.jpeg



夫が、観光バスとか集団行動とか大っ嫌いなため、
乗り降り自由なサイトシーイングバスに申し込もうよ、
と私が言ってもだめだったので・・・(呪い呪い呪い)
もう、足は限界レベルに。
おお!


IMG_7262_convert_20170625095715.jpg


J・Edgarの名前がある
ちょっと盛り上がった。

IMG_7718_convert_20170625095858.jpg


IMG_7263_convert_20170625095742.jpg


IMG_7720_convert_20170625095828.jpg


FBIのすぐ後ろに見えた、
歩きまくって空腹なのと、涼を求めて入ったのが、
ハードロックカフェでした。

IMG_7272_convert_20170625101827.jpg

fullsizeoutput_952_convert_20170625102303.jpeg



ウエイターさんがオーダー取りに来た時、
「なんたらかんたらビヨンセ」って言ったので、
なんでビヨンセ?と分からなかったけど、

これでした。 ビヨンセの衣装ね。
これがあるって言ってたのね。

fullsizeoutput_9b4_convert_20170625102045.jpeg

おお

fullsizeoutput_a2a_convert_20170625102005.jpeg


おおお

fullsizeoutput_91f_convert_20170625102157.jpeg


ナチョス、でかっ! でもうまかったー!
食べても食べても減らないどころか、どんどん増えていく錯覚に

IMG_7722_convert_20170625101902.jpg


ここで休んで気を取り直し、
アメリカに憧れたイギリス人の富豪が、遺産を全部寄付してできた
全部無料の、スミソニアンの美術館・博物館に行こうとしたが、
体感温度42度くらいの、日陰がない観光地を歩くのにうんざりし、
ホープダイヤモンド見なくていいから、もう帰りたい、となったのでした。

メトロの駅までの間にあったビジターセンターで休憩
ここでは、カバンの中を電気で照らされて調べられた。

fullsizeoutput_a3e_convert_20170625100844.jpeg







スポンサーサイト

Baltimore 2



念願のボルティモアだけど、フィラデルフィアからワシントンDCへの
通りがかりくらいにしか寄れなかったのが残念です。

最後は、オリオール・パーク・アット・カムデン・ヤーズ
実は、夫だけ野球場に行き、私は別の美術館など見る予定だったけど、
あまりにボルティモアが気に入っちゃったもんだから、
野球場にもおつきあいしたのです。

ポーのお墓から歩くと、右手にジョンズ・ホプキンス大学の敷地があって、
これまたものすごーくでっかい様子。



野球場、行ってよかったの
すごく綺麗で楽しげな素敵な野球場でした。
野球、興味ないし何も知らないけど、ボルティモアを応援したいから、
私もTシャツ買っちゃった

Baltimore Orioles


IMG_7351_convert_20170624164607.jpg


IMG_7354_convert_20170624164723.jpg


IMG_7359_convert_20170624164836.jpg


IMG_7365_convert_20170624165338.jpg


fullsizeoutput_a4e_convert_20170624165058.jpeg


ゴミ箱も可愛い〜

fullsizeoutput_a47_convert_20170624165417.jpeg


絶対これ、やりたかったのに、
「アメリカ観光おすすめスポットまとめ」のいさかさんが詳しいやり方教えてくれてたのに、
ちゃんとメモとか持って行かなかったから、やっぱりよくわかんなくて・・・


fullsizeoutput_a85_convert_20170624165546.jpeg


なんてでっかい なんて綺麗!!

IMG_7377_convert_20170624165644.jpg


知らなかったの、ベーブ・ルースはここボルティモア出身で、
球場の近くに生家があるのでした。

IMG_7378_convert_20170624165024.jpg








残念だけどこの街には泊まらずワシントンDCに向かいました。
途中でKマートに寄りながらね。


IMG_7381_convert_20170624165720.jpg




ああああ。。。また行きたい、ボルティモア


Baltimore 1



ボルティモアはエドガー・アランポーが行き倒れ、
墓と博物館のある街。
ジョン・ウォーターズ監督の故郷。


この街の駐車場、一時間3ドル
なんて可愛らしい金額なのかと感激いたしました。
フィラデルフィアの後だったので特に。

駐車場に入る時、カードじゃなくて、小さいプラスチックのコインを取る。
支払いは、コインを機械にかざすと(磁石みたいなものが入ってる?)金額が出る、
コイン無くしても、一日でたった7ドルで許してくれる!
なんて優しいんだぁーーーーー
乗らなかったけど、バスも無料とか?

茶色い!でかい!広い!空が大きい!

IMG_7321_convert_20170623115000.jpg


fullsizeoutput_950_convert_20170623115316.jpeg



fullsizeoutput_a74_convert_20170623115853.jpeg


IMG_7334_convert_20170623120111.jpg



fullsizeoutput_9b2_convert_20170623115123.jpeg


路面電車

IMG_7330_convert_20170623115945.jpg



最初にマーケットに行きました。
道ゆく人、ほぼ90%、いや95%?アフリカンアメリカンでした。
マーケットは、70%アフリカンアメリカン 30%がアジア系ってとこ。

Lexington Market

IMG_7329_convert_20170623120535.jpg


fullsizeoutput_9ff_convert_20170623120806.jpeg


fullsizeoutput_ad5_convert_20170623120843.jpeg

IMG_7326_convert_20170623120939.jpg




カニが有名だとのことで、クラブケーキがある店を見つけて注文。
写真がないからこんなにポテトだらけとは知らず・・・
私はポテトフライは食べないから悲しいけど捨てた。
レモネードかティが付いてくるが、どちらも甘いだろうと想像し、
好きでもないけどレモネードにしたら、想像以上に甘くて捨てた。

クラブケーキの味はとっても美味しかった!

fullsizeoutput_957_convert_20170623121027.jpeg

IMG_7328_convert_20170623121056.jpg




いろんな人のブログや旅行サイト読むと、ボルティモア危ないとか、
観光はインナーハーバー以外たいしたことない、
みたいに書かれてるけど、私は逆に、
観光地と言われる場所に行かなかったのに、
街じたいにとても惹かれてしまったのです。
なぜだかわかんない、何がいいのか説明できない。
でも、すごく好き!

自由を感じるのか?


ポーの墓がある
ウエストミンスターホールの入り口には、立派な墓碑がある。
横面には先に亡くなった妻のことが書いてある(彫ってある)。
誰でも入れます。

Westminster Hall


fullsizeoutput_905_convert_20170623121917.jpeg


fullsizeoutput_937_convert_20170623122219.jpeg

fullsizeoutput_9cf_convert_20170623122251.jpeg



墓地の奥に入ると、
元々粗末な石が置いてあっただけの埋葬地には、石碑がある。

fullsizeoutput_96c_convert_20170623122109.jpeg

fullsizeoutput_991_convert_20170623121959.jpeg




行きたかったポーの住居&博物館はお休み

Edgar Allan Poe House and Museum




行きたかったウォルターズ美術館もお休み

The Walters Art Museum

ここは個人が寄贈した建物とコレクションの美術館で、入場無料。

fullsizeoutput_9a6_convert_20170623122913.jpeg



調べてなかったけど、偶然面白そうな建物だと思い、
ついでに炎天下から逃れようと入ったのは、有名な図書館だった。
イーノック・プラット・フリー図書館

Enock Pratt free Library


IMG_7340_convert_20170623123115.jpg



これも、個人の慈善家が開いた図書館
アメリカって、(他の外国は知らない)資産家が、
ものすごい金額のものすごい施設を地域に寄贈、運営するよね。
税金対策もあるかもしれないけど、”神”精神による奉仕の意味が大きいのかなー?
日本の小金持ちでこういうことする人いるの?



このような記事を見つけました。

米国国会図書館館長の記事


図書館入り口にはポリスマンが二人いたり、
地下鉄の出口の金属の棒くるりみたいなのあったり、
それなりにセキュリティ対策が必要な地域ってことなのでしょうか?
でも、素晴らしい図書館でしたよ
軽く素通りして見ただけだけど、
本、CD,DVD、ビデオテープ、いろんな資料がものすごく豊富で、
PC教室のような部屋、職安の役目をこなしている部屋などあり、
職員さんたちは親切丁寧で、本当にいい雰囲気だった。


この後は、近くにある野球場に行ったのです。



Philadelphia 2




フィラデルフィアは歴史上重要な街ということで、
自由の鐘リバティベルを見ようとするが、
ここもとんでもない長蛇の列で、諦める夫。

Liberty Bell


この建物の中にある

fullsizeoutput_9a5_convert_20170622201254.jpeg



リバティ・ベル・センターの並びに、ビジターセンターがある。

the Independence Visitor Center

fullsizeoutput_a07_convert_20170622200710.jpeg


中では、夏休みの少年少女のサマースクールのようなことをやっていた。
長広〜い

fullsizeoutput_a39_convert_20170622201207.jpeg



独立宣言当時?のコスプレをした人たちが数人いて、
子供達にアメリカの歴史を話してたみたい。

fullsizeoutput_a92_convert_20170622201542.jpeg



この一帯は、インディペンデンス国立歴史公園という公園になっているらしい。


IMG_7423_convert_20170622202552.jpg





独立宣言が署名され、独立宣言された場所
独立記念館 インディペンデンス・ホール

IMG_7425_convert_20170622201014.jpg

fullsizeoutput_a10_convert_20170622203017.jpeg



おお、FOXtvだ!
でも、フォックスって、右派が幅きかせてるっていうからなぁ・・・

fullsizeoutput_971_convert_20170622201424.jpeg



初めて星条旗を縫った、という伝説の女性、ベッツイ・ロスの家

fullsizeoutput_abd_convert_20170622203409.jpeg

fullsizeoutput_a50_convert_20170622203624.jpeg

fullsizeoutput_99b_convert_20170622203104.jpeg


ビッグバン・セオリーのシェルドンが、
「本当はベッツィが作ったんじゃない、気のいいおばさんが作ったとした方が、
エピソードとして人に愛されやすいから流布した」みたいな事いってた。




ここにもたくさんのサマースクール組が

IMG_7427_convert_20170622203515.jpg



私は一番ここが見たかった。エルフレスの小径

Elfreth's Alley



18世紀から19世紀の家が残され、今も住宅として使われている通り。
本当に小さい通りだったわ。
可愛らしい家が並んでて、中には博物館になってる家もあった。

この奥に

IMG_7432_convert_20170622204517.jpg


短い、狭い、可愛らしい通りがある。

fullsizeoutput_966_convert_20170622204841.jpeg

fullsizeoutput_ac4_convert_20170622204925.jpeg



扉の奥には、ご近所共通の広い中庭が広がっている

fullsizeoutput_961_convert_20170622205316.jpeg

fullsizeoutput_8fc_convert_20170622205454.jpeg


この地下室の窓~☆☆

fullsizeoutput_a2e_convert_20170622205226.jpeg

fullsizeoutput_9c9_convert_20170622205417.jpeg


通りの途中の一軒はミュウジアムになっている

fullsizeoutput_ac2_convert_20170622205937.jpeg



炎天下のフィラデルフィア、
フィリチーズステーキ食う為に朝から何にも食べてない私は、
食い損ねて、観光どうでもいい感じになり、
あまりの空腹に腹減ったコールを連発し、
夫が行く野球場のそばにフィラデルフィア空港があるから、
空港ならなんか売ってんだろ、と言われ、行って見る。
 
作りは綺麗

fullsizeoutput_a6c_convert_20170622210746.jpeg


しかーし、国際空港なのに、
食べ物やは、小さいコンビニとダンキンドーナツしかない。
ドーナツ嫌いだし、コンビニにはサンドイッチ類しか無いし、
しょうがないからヨーグルト買った。甘い、、、
ローファットって書いてあっても砂糖入ってたら意味ないよ。
プレーンヨーグルト売ってよ!


夫がグッズを買いに行った球場 シチズンバンクパーク
私は車でへばってた。

Citizens Bank Park


IMG_7444_convert_20170622210824.jpg

IMG_7446_convert_20170622210908.jpg



旅行中に書いたけど、駐車場事情が酷すぎて、
それはそれは夫が不機嫌になる要素たっぷりのフィラデルフィア。

街をゆっくり見る時間は無く、
街の良さを感じることもないままに、郊外のホテルに向かったのです。
フィラ(こう呼ぶらしい)のホテルはマイクロテル イン & スイーツ フィラデルフィア。

IMG_7318_convert_20170622211105.jpg



「次はちゃんとしたホテルだからドライヤーあるよ」
の夫の言葉でしたが、ちゃんとしたホテル〜??だけど冷蔵庫は無し。



ホテル周りも何にも無いので、翌朝早々にボルティモアに向かう。














Philadelphia 1



◾️録画溜まってたの見てたら、「CSIサイバー」4で、
アメリカズネクストトップモデル21のウィル発見!



弾丸ドライブなので、ブルックリン一泊後、
ニューヨーク州からペンシルベニア州へと渡り、
フィラデルフィアへ。



ロッキーで有名なフィラデルフィア美術館周りの観光。
(最近、監督が亡くなりましたね)


これはフィラデルフィア美術館裏門 
美術館共通駐車場を出ると、最初にこれが見えます。

IMG_7396_convert_20170621074252.jpg



ロッキー像の辺りはお花の植え替え?何かわからないけど、
金網がありました。でも数日後、テレビのニュースで解禁の様子をやってた。

IMG_7400_convert_20170621074031.jpg



美術館階段の下では、
地域の人たちのフットサル大会?してたみたい。

IMG_7401_convert_20170621074335.jpg


この階段をロッキーが走ってたのね。

fullsizeoutput_a2c_convert_20170621074536.jpeg





フィラデルフィア美術館 一日がかりで見ないと無理ーーー。

Philadelphia Museum of Art



ベンジャミンフランクリンロードっていう素敵な道と広場の周りに、
美術館が点在してるって作り? 広すぎてよくわからんかった。
ベンジャミン・フランクリンのことね。


IMG_6707_convert_20170621075117.jpg

IMG_7421_convert_20170621075837.jpg

IMG_7422_convert_20170621075743.jpg


こちらはこじんまり ロダン美術館

Rodin Museum


IMG_6712_convert_20170621075347.jpg

IMG_7416_convert_20170621075538.jpg

IMG_6717_convert_20170621075624.jpg


考えてる考えてる

IMG_7410_convert_20170621075447.jpg



なんせこの辺り、だだっ広いから、
ミュージアムとミュージアムの間を歩くのに疲れ、
無料のシャトルバスの停車場でバスに乗ることにするが、

IMG_6718_convert_20170621080347.jpg



[ every 10 minutes before the hour]
時間ごとの10分前と書いてあるのに、
待てども待てどもバスが来ない。
30分待ってやっと来た!と思ったら、なぜか素通りされた。
ちゃんと看板の前に立ってたのに。
怒る怒る夫。
だいたい、一時間に一本ってなんだよ!ってな。


美術館の馬鹿高い駐車料金払って、
街中のクソ高い駐車場に車止めて、リーデイングターミナルマーケット

Reading Terminal Market


fullsizeoutput_990_convert_20170621081609.jpeg




都心にあるマーケットでしかも日曜日。
大混雑・・・・・ クーラーガンガンの屋内なのに汗だく・・・・・


fullsizeoutput_a8c_convert_20170621082315.jpeg

fullsizeoutput_a8d_convert_20170621082402.jpeg


チョコ、美味しそうだけど、普段カカオ90%くらいのを食べてるから、
アメリカの甘さが怖くて買わなかった。

fullsizeoutput_a8f_convert_20170621082521.jpeg



名物フィリーチーズステーキは長蛇の列!
並ぶの大嫌いな夫、当然無視する。
(ここで私は背中に呪いの言葉を。。。。)
無視どころか楽しいマーケット見学、全然足も止めずとっとと進む。
(呪い呪い・・・・・・・)

この後、歴史物観光に向かう。