NHK英語番組




毎回見ている英語番組です。


「仕事の基礎英語」

篠山なんとかの目線にイラついてしょうがない。
この人、日本人と話すときでも、顔を斜めにしがちというか、
まっすぐ相手を見て話すってことをほとんどしない。
英語での会話になると、ほぼ、相手を見ない!
99%目をそらしたまま話を聞き、そらしたまま話をする。
すごく失礼だと思うし、気持ち悪い。

篠山がひねくり出した英文の添削をする講師の、
シンプルで的確な英文に感心しています。

で、先週からシーズン6になり、メンバーが変わり、
海外からの観光客が日本を旅するドラマ仕立てが始まりました。
これは面白そう!



「おとなの基礎英語」

ドラマ部分は、日本人が海外ですごす日々の設定です。
シーズンごとに登場人物もドラマも場所も変わり、
毎シーズン、それなりに感情移入してしまう。
私は、オーストラリア編のケイトが好きだった。
ニューヨーク&ロンドン編は、主人公の日本人女性をどちらも好きになれず、
もやもやしながら見てました。



「エイエイGO!」


一応宇宙船の中が舞台。ロボットのルーシーは英語のみ理解。
乗組員の日本人3人は毎日間違った英語でルーシーを故障させる。

超初心者向けだと思うけど、
アルファベット一個一個の発音を今更ながら勉強できて、
ゲーム式の英文組み立てが楽しくわかりやすく、
遊び感覚で勉強してます。
[お助けマンDo〕とか[おしゃべり母さんだんまり母さん母音発音〕とか、
覚えやすい教え方で教えてくれる。



「ニュースで英会話」

最初に見始めた頃、お堅い政治経済のニュースを聞くのがかなり苦痛で、
出てくる英単語が専門的すぎて覚える気になれず、
途中から見るのをやめていましたが、
最近また、毎週録画設定にして見ています。
がっ! やっぱり退屈してしまい、脳が軽く睡眠状態に、、、

9/28放送回は、
「フルハウス」のDJ,キミー,ステフが出てたから目が覚めた!
「フラーハウス」の撮影で来日してた時にインタビューしたものです。


ステフ
「Family is sort of what you create and what you make,
and about the people that love you.」
家族って、作り上げるものなのよ。家族って、あなたを愛してくれる人達なの。

どんなニュースに興味ある?って聞かれ、ステフの答えは
「I think America is going through a lot of divisveness right now.
.............あといろいろ


キミーが「Good answer,Same.」って、ドラマみたいにいいタイミングで笑った。


3人とも、ジャパニーズピープルののファッションやネイルをほめてたけど、
なによりトイレが良かったらしく、人生変わった!と :D LOL

キミー
「I love your toilets.
It is a game changer. Life changing.」


DJ
「I got one for my house,too
I bought a new house at home and after coming to Japan in December,
I was like ''I have to have a toilet like the Japanese.''」


ステフ
「This is all that they're going to use...」
キミー
「All our crew. Everybody in the makeup room,
we're talking about the toilets.」




「リトルチャロ」

脚本家の卵で、夢を叶えるためにニューヨークにやってきたトモコ
ニューヨークで迷い犬になり、トモコに助けてもらったチャロ

2008年から放送されてたのね。私はつい最近から見てる。

チャロが可愛くて見てたんだけど、
最近の放送でウサギが出てきた〜!!
しかさ、初出演の回で、こぶたと間違えられるって、、、、
いくら何でもウサギと豚を間違える人いるー!?
ウサギの名前はトンコ。
トンコの活躍に期待しますが、
チャロとトンコの掛け合いを見てると、
どうも、ステレオタイプの組み合わせのようで鼻につく。
**弱気な男と強気な女の構図ね。


DVD出てたんだねー
今ちょうどニューヨーク編を放送中

ritoru.jpg


原作は わかぎえふ
この人のエッセイが爆笑もので、昔読んでました。



来年の旅行計画は、パリ経由のロンドン行き。
ぼちぼちフランス語も始めよっかなー、と思っています。
とりあえず簡単な挨拶くらいはね。




スポンサーサイト

ハマってる動画

▪️夫が食洗機を買った理由が、私が楽になるためでなく、
私が留守の時に自分が洗うのが嫌だからと知った。


Hi, guys!


I've been getting into watch these videos lately.


「Power Pronunciation」

最初見たとき、なんか笑っちゃったんだけど、
すごくわかりやすくて気に入った。






「Hapa英会話」

気になる英語表現について詳しく知ることができる。







「IC-Connect」

知らなかったことがいっぱいある。
英語、っつーか、英会話を、気持ちを込めて正しくできるようになるかな?







*寝る前にいつも聴いてるのはこれ、
なぜか気持ちよーーーーく眠気が襲ってくるので、
睡眠薬がわりに











続きを読む

「フルハウス」日英字幕放送



▪️(びじょん)と打って変換したら、最初に(幻視)と出たよ


AXNで、日本語字幕版と英語字幕版が放送されてる「フルハウス」
昔のドラマだから、今回初めて見ています。

原題 Full House 1987年〜1995年 アメリカ


出演
ジョン・ステイモスasジェシー
ボブ・サゲットasダニー
デイヴ・クーリエasジョーイ
キャンディス・キャメロンasD.J.
ジョディ・スウィーティンasステファニー
メアリー=ケイト・オルセン/アシュレイ・オルセンasミシェル


舞台はサンフランシスコ。
妻パメラを亡くしたダニー( TVキャスター)は娘三人のパパ。
パメラの弟ジェシー(バンドマン)と、親友のジョーイ(コメディアン)と同居し、
子供達の面倒と仕事に忙しい毎日。






シーズンが進むと、困ったおじちゃんジェシーにも家庭ができ、
双子の男の子が生まれる事になってるんだねー。
DJ とステフが大きくなってる〜

赤ん坊ミシェル役は、オルセン姉妹が代わる代わる演じていた。
オルセン姉妹については、大人になった姿を、
ゴシップ雑誌のファッションページでしか見てなかった。
ふたりが少し大きくなってからの「ふたりはふたご」ってドラマも見てないの。
現在は、女優としては姉妹の妹のエリザベス・ オルセンが有名ね。
お姉ちゃんたちは、演じる事にあまり興味ないと言い、
ファッションの世界に進んでるもんね。

若い頃のジョーイおじさんは、最初の頃のザック・エフロンを思い起こさせる、
アイドル系の男の子だったんだねー。足の長さと腰の細さに見惚れます。


シーズン8オープニング動画




毎週録画しておいて、日本語と英語を交互に見て、
わからない単語は調べながらなので、30分番組なのに、
一話見るのに、一日一時間くらい止めながら、3日くらいかかる。

ドラマそのものも意外にも面白くて、これなら飽きずに見られる。


さて、興味深かった英語表現のメモ。

男衆のママたちが掃除してない家に呆れて、
「私たちが交代でお泊まりに来るわ」と行った時のパパのセリフ。
:We are staring into the jaws of a never ending living hell.
(生き地獄の始まりだな)

ちゃんとやるよー、とジョーイおじちゃん
:We're really gonna buckle down.
(ちゃんとやるようにする)
buckle down=真剣にとりくむ

掃除できなかったからグランマに怒られて、男衆は、
:We would like another shot at this. please.
(チャンスをくれないか)
another shot=またの機会に試みる、って感じ?=チャンス

ジェシーの亀が見つからなくて、
ジェシーに申し訳なく思ってしゅんとした子供達にパパが
:We're right behind you,no matter what you do.
(どんな失敗があっても君たちの味方だよ)

パパと子供達を見たジョーイが
:If you ever have a problem,we'll be there for you.
(困ったことがあったら僕らはここにいるよ)

男衆からのグランマたちへの提案
:Why don't you take the girls to the zoo for three hours?
(3時間くらい子供達を動物園に連れてったら?)
Why don’t you〜=〜してみたら?
  Why don't we〜=〜しようよ。

動物園から帰ってきたグランマのセリフ
:We completely lost track of the time.
(あっという間だったわ♪(完全に時間を忘れちゃったわ)
lost track of the time=時間がわからなくなる

綺麗になってる部屋を見たステフのセリフ
:Does this mean hell freezing over?
(おったまげってこういうことを言うの?)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ジョーイおじちゃんがよく言うセリフ1。
:Loving it,Loving it!
(そのアイディアいいねぇ、冴えてるねぇ)

セリフ2。ガールズに愛情込めて言う<可愛いチビちゃんたち>みたいな
:little munchkins

セリフ3。みんなでハグしたり、仲睦まじいシーンの後で照れ隠しに言う
:Alright,enough of this warmth junk.
(ガラじゃねえよ)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お姉ちゃんのDJのセリフ。
ジョーイおじちゃんをうまく操ってたのに、
初めて、おもちゃを片付けるように言われ、
:He used to be the easy one.
(チョロかったのにぃ)
used to〜=以前は〜だった





「ピンチで学ぶビジネス英語」二回め



深夜の英語番組「ピンチで学ぶビジネス英語」
NHK教育チャンネルとは雲泥の差のオゲレツさ充実さでございます。
Business English Pinch Show

BS ジャパン サイト


寸劇のピンチへの持ってきかたのくだらなさが面白い!

この前も、あまりに大笑いしたので、ついつい書き留めたくなりました。

_______________________


<日本からNYに赴任して半年になる上田。
後輩ロジャーに恋の悩みを打ち明けられた。

R「I have something I'd like to ask you.」
相談があるんですが。。。

U「What is it?
I'll talk about anything my adorable junior wants.」
何だい?可愛い後輩の相談だ どんな相談でものるよ

R「Well actually,
I'd like to know if Cindy has a boyfriend.
Would you mind asking around for me?」
実はシンディに彼がいるか知りたんです。それとなく聞いておいてくれません?

U「That must be... could it be?」
と言うことは。。。もしかして?

R「I haven't told anyone else about it.OK.
So don't tell anyone,OK?」
「You definitely,definitety won't say anything?」
これ、まだ誰にも話してないんですから誰にも言わないでくださいよ?
絶対に絶対に何も言わないでくださいよ?

U「Of course! Japanese people are famous
for being the most tight-lipped in the world!」
もちろん!日本人は世界で一番口が固いので有名なんだぞ!

<ここでロジャーはシンディが好きだと上田に言い、
上田は、こう聞きます。

U「It's real surprising,that you liking Cindy and all.
Where do you like about her?」
しかし驚いたな、君がシンディのことが好きだとは、彼女のどこが好きなんだ?

<ロジャーの答えはこう。 がはははは

R「It's embarrassing, but I'm a huge masochist.
The other day when she got mad at me, my heart skipped a beat.」
恥ずかしんですが。。。僕、大マゾなんす。
この間シンディが僕に怒ったとき、キュンときちゃって〜

R「I just can't get enough of that little sadistic side of her.」
あのちょっとSっぽい感じがたまらないんですよー

R「Since the first day we started woking in the department.」
同じ部署で働くことになってすぐ(惚れた)

U「Wow! That's like love at first sight!」
「Got it. I'll find the best timing, and ask if I have the chance.」
わお!それって一目惚れじゃん
よし、タイミング見て聞けるチャンスがあったら聞くよ

R「Thank you! I'm counting on you!」
ありがとうございます!期待してます!

<ところが翌朝、ロジャーと上田のボスが、ロジャーに「「M男おはよー」
と挨拶してきた。上田に詰め寄るロジャー。

R「This is so wrong of you!」
「I'm also a huge masochist,even though I told you not to!」
ひどいじゃないですか!僕が大マゾだって言わないでって言ったのにい

ぎゃはははは ((^Д^))、、、、、、

<上田、後輩を裏切ったことがバレたピンチへの対処方は?

U「Hey Rroger! Take a look at this video」
ロジャー、このビデオを見てくれ

<ダチョウ倶楽部という日本の芸人が熱い風呂に入る動画を見せる上田
<それを見て笑うロジャー 笑ったはいいが、はた!?と気付く

R「What does that have to do
with the situation here?」
この件と何の関係があるんすか?

U「You didn't notice?
Right now,Mr,Ueshima said "don't push."but
肥後と寺門kept pushing, right?
気づかなかった?いまMr.上島は押すなって言ったのに
Mr.肥後とMr.寺門は彼を押したろ?

R「What do you mean?」
どゆことっすかぁ?

U「In Japan,when people says,
"don't pish",it means,"push".」
日本では、押すなと言われたら押してくれという意味なんだ

/////そんなバカな!上田、シャラーップ!What the hell!


U「Well, you said"don't tell",
so I went and told everyone.For your sake」
君がいうなと言ったから言いふらしてあげたんだ 君のために

R「For my sake?」
僕のため?

U「Yeah, for your sake.
What happened to the guy
who was getting pushed after he got pushed?」
そ、君のために 押されたやつは押された結果どうなった?

U「Everyone smiled,right?
In Japan,we call this,"oishi".」
みんなを笑顔にしたろ?日本ではこれを美味しいというんだ

R「So what you mean is, right mow,I'm,"oishi"?」
つまり僕は今美味しい状態なんすか?

ぐあーーーーーーっはっは

U「Yeah,that's right!
Everyone's laughing about you.
You're so popular now.」
そう!みんなが君のこと笑ってる 今君は人気者だ


そう、Roger is a super-masochist in love with Cindy!

爆笑



この後輩ロジャー役のタレント、以前のエピソードでは、
自分の足の臭さに気づかず、上田の足の臭さを「僕、足が臭い人だけはダメなんですー」
と言ってのける役をやってました。
どこか抜け作っぽいと言うか、人が良すぎて損をするタイプの顔つきで、
憎めなくておまけに笑える、なんともいい味あるタレントですわ。
NHK「エイエイGO!」のカールですが、そこではかなりキャラが違う。



☆チェックしたいフレーズなどは後で書き足します

「ピンチで学ぶビジネス英語」



くっだらない英会話番組を毎週見てます。

BSJAPAN

くっだらないのは、内容(プチ英語ドラマ)で、
英語はもちろんちゃんとしてます。してるはず。


MCさんと、お笑い二人と、知らない人、暗い顔した女優?が座ってます。
一回めに見て、英会話に何の関係もないつまんない喋りしかしないんで、
その部分は全部早送りしてます。

英語ドラマのくだらなさは、例えばある回のこんなセリフでお分かりでしょう。

*日本支店からアメリカの支店に転勤になった日本人の、
会社での奮闘、という設定です。
何かしらやらかして、そのピンチを英語でどう切り抜けるか、がお題です。

上司が、部下Uedaに、「ネクタイ曲がってんぞ」と注意をした後のもう一言。
「Make sure you've got your downstairs straightened out too.Hehehe」
字幕(ネクタイとアレだけはピンとしてる方がいいってな フハハハ)

downstairs=階下
straightened out=キチンとする まっすぐ

こんなんばっかです。ほぼ下ネタです。パワハラセクハラだらけです。
真面目に見たら腹立ちます。

___________________

でも、私は真面目に勉強します。

上司の家におよばれした上田の この日のピンチは?

*妻の手料理が並ぶ食卓を見た夫(上田の上司)のセリフから始まります。

上司「Wow! How extravagant!」(おお!今日はまた豪勢だな!)
   「I didn't take a wrong tun and up at Versailles palace
   by mistake.did?」

   (間違えてベルサイユ宮殿に来てしまったのか?)

上司の妻「oh, stop!
      You told me there was an International guest comings
     I went all out!」

      (何言ってるの!今日のパーティは
      外国からもお客様が来るって言うから
      腕によりをかけたのよ!)
      「I just hope it's to our guest's liking.」
     (お口に合えばいいんだけど・・・)

上司「Mr.Ueda will love it!」(上田なら気に入るに決まってるさ!)
   「You do make the best quiche after all.」
     (何しろ君のキッシュは最高だからな)

上司の妻「Oh.honey...」(あなたん・・・♫)  

しばしイチャイチャ 上田がピンポン鳴らす

上司「Dammit! it's Ueda! What terrible timing!」
(くそ!上田めこのタイミングで!)
   「It's OK. We'll finish, we'll pick up where we left off once he leaves,
   let's get it off soon.」
   (大丈夫 なるべく早くパーティはお開きにして上田が帰ったら続きをしよう)

*上田、come in

上司「You didn't get lost.did you?」(道に迷わなかったかい?)

上田「It's a huge house.so I knew where it was right away.」
   (大きい家だったのですぐわかりましたよ」

上司「This is my wife.」(彼女が私の妻だ)

上司妻「Mr. Ueda it's a pleasure to meet you,
    I've heard so many stories about you from my husband.」
   (上田さん初めまして 夫から常々話は聞いているわ)
   「It's so nice to finally meet you. Nice to meet you.」
   (お会いできて光栄よ。よろしくね)

上司「Let's eat before my wife's cooking gets cold!
   Let's start with a toast.」
   (さぁ妻の手料理が冷めないうちに始めよう!先ずは乾杯だ)

上司妻「Well, have some food! Go ahead!」(さぁどんどん食べて!)

上田「OK, thanks for the meal.」(ではいただきます)

*一口食べた上田の表情が、
まるで初めてパクチーを食べた大多数の男性のようにおかしい。

上司「She makes the best one in the world.」(彼女のキッシュは世界一だからな)
   「Tastes good.right?」(どうだ 美味いだろう?)

上司妻「Is it mot to your liking?」(お口に合わないのかしら?)

上司「Mo, it's nothing like that.」(まさかそういうわけでは)
   「That couldn't be the case! This is real American cuisine.
   There's plenty to go around, so dig in!」
   (そんなはずはないよな!これがアメリカの味だ 
   たくさんあるからどんどん食べなさい!)

*上田 皿にもどす
(すんません、ここからは閲覧注意です、書いてて私も気持ち悪くなりました)

上司what the heck are you doing?」(何してるんだ?)

↑ これがピンチですね。上司の妻の手料理をアレしたことが。

上田「In Japan,
   there's a dish that looks very similar to this called,"okonomiyaki".」
   (日本にはこれとよく似た「お好み焼き」という料理があるんです)  

お・お・オェーーーーーーーーーーーーー

上田「You mix whatever toppings you like.
   and bake them in wheat flower.」
   (お好みの具を小麦粉と混ぜて焼くんです)
   「It's standard fare at Japanese get-togethers.」
   (日本のホームパーティでは定番の料理です)
   「I want to treat you to some okonomiyaki soon.
   as thanks for introducing me to real American cuisine.」
   (アメリカの味を教えてもらったお礼に、
   今度は僕がお好み焼きをご馳走したいと思いまして)
   「So I tried to recreate it right here. What do you think?」
   (ここに再現して見ました いかがですか?)

上司「Yeah, sounds like it's a party at Ueda's place next weekend!」
   (ああ、次の週末は上田のお城でパーティだな!)

*めでたしめでたし 上田は今日も無事にピンチを乗り越えたのでした。

ぐえええええ ( ̄д ̄;

こんな英会話番組、NHKじゃ絶対やらないな。
さすが、「美しい男性」を放送したBSJAPANです!

「美しい男性」過去記事

___________________________

英語チェック

extravagant エクストラーバゲン=贅沢な
turn up=現れる
go all out=全力を尽くす
after all=結局 やっぱり
terrible テーレブル=ひどい 
(似た意味でhorribleがありますが、horribleは感情的にひどいと思った時に使うそうです)
Pick up=拾う  選ぶという意味で使う時はpick out
(ナンパする、の意味もあるそうで、上のドラマの場合、いちゃつくってことでしょうね)
left off=やめる
get it off=エッチな意味?で使ってるのね。「ヤるべ!」みたいなこと?
get lost=迷う
pleasure プレジャー=喜び
(My pleasure.=喜んで!・・居酒屋の受け答えであるよね)
finally=ついに
gets cold=冷める
the best one=最高のもの
plenty=たくさん
go arpound=行き渡る
dig in=食べる めし上がれ
what the heck=ちくしょう どうにでもなれ なんだよ などなど
fare=食べ物 食事
treat=扱う 手をかける 治療する など
(このドラマの場合、お好み焼きでもてなします、という意味で使ってる)
as thanks for〜=〜(してくれた)感謝として
introducing イントロデューシン=紹介 採用 導入
recreate リクレイト=再現する
whateverがどうもよくわからなくて、文面の流れによって色々なのかなー?

日刊英語ライフ


番組では、食べたくないものを勧められた時の、
上手なお断りの方法として、こんな文が出ました。

「It looks good, but I’m on a diet now, so I’ll have to pass.」
(すごく食べたいのですがダイエット中なので遠慮しておきます)

覚えておこうっと






      

マムma'am


■盆も正月もクリスマスも誕生日も一切何もしません うちは。
親戚いない、小さい子供もいないのに、何していいかわかんないから。



昨日、電車の中で、二人の女性が言ってたことで考えた。

A「お姉さんとおばさんの間ってなんて言うの?」
B「おばさんとおばあさんの間も無いよね?」
A「男の人もおじさんって言われたら嫌がるし」
B「青年っていくつまでなんだろ?」


今週、心理サスペンスドラマの傑作、
「警視ステラ・ギブソン」のシーズン2を連続放送してて、
何回目でもドキドキ緊張してたんですが、
ステラは部下に「Yes, ma'am」って返事される。

スーパードラマTV


ステラ・ギブソン過去記事1

ステラ・ギブソン過去記事2


私、人を、名前じゃなく、通称?ある枠の名称で呼ぶのが大嫌い!
「お嬢ちゃん」「お姉さん」「おばさん」「奥さん」「おばあちゃん」「ご主人」
「おかあさん」「おとうさん」「お兄さん」「おじさん」「旦那さん」「おじいさん」などなど

おめえのお母さんじゃねよ!
奥になんか引っ込んでねえよ!

だから私も、誰か(名前を知らない)を呼ぶ時は、
「〇〇の夫さん」「〇〇のダーリン」「あなた」または手のひらを上にしてその人に向ける、
などして苦労する。

英語の便利さは、YOUで済むところだと思った。
小さい子でも友達でも家族でも、仕事の関係者でも医者でも患者でも、
ウエイターでもレジ係でもポリスでも、あなたまたはあなた達はYOUだもんね。

そう言えば、アメリカでよく聞いたのは
初めて会う駐車場の係員やお店の店員さんの、
「〇〇〇〇,my friend.」

へー、初対面でもfriendって言葉を呼称みたいに使うんだ、
と思ったもんです。いいな、これ、って。
もちろん、ma'amも多く聞いた。

軍隊じゃなくても、sir, ma'amはドラマでよく聞くし、
ma'am=おばさんじゃなく、相手を尊重してる時に使う感じ?
ドアマンが、8歳くらいの女の子に、ma'amって言ってるの聞いたから、
年齢は関係無いんじゃないかな?

アメリカの犯罪もののドキュメンターなんか見てると、
今まさに手錠かけられてる人がポリスに、
bro(ブラザー)って言ってたり、manって言ってたりする。
日本で言う「おまわりさん」のような呼び方はしないのね。



英語での呼称、こちらがわかりやすかった。

初心者英会話ステーション


海外でも、ma'amって呼ばれて おばさん感感じる人はいるんだねぇ。


私が毎日見てる英会話の動画







「モダン・ファミリー」で英語チェック


■毎日のように、英語ができなくてうなされる悪夢を見る


Modern Family アメリカ ABC製作

2009年から変わらぬ人気の、爆笑コメディドラマ。
日本ではFOXチャンネルがずっと放送してくれてます。


シーズン8のクリスマスエピソード Trailer
日本ではまだシーズン6までしか放送されてません。




私の大好きなキャメロンちゃん

キャメロン


シーズン6-16「我が家のSNS事情」、いつもと趣向が違ってたこのエピ、
今の家庭ってこうなんだろうな、と思わせる抜群に面白いエピでした。
出張したクレアが、オヘア空港でフライト待ちしてる時に、
家族とSNSでやりとりするのです。
メッセージの文面が出たので、それを書き写しました。

___________________

出張前に長女のヘイリーとケンカしたクレア、
ヘイリーのCell phoneに何回かけても出ないので、
iMessageを送ります。


トイレに携帯落としたの。電話かけてくれた?
「Dropped my phone in the toilet.
Have you tried to call me?」

まだ怒ってるの?
「Are you still mad at me?」

オヘア空港よ。20分後に飛行機に乗るわ
「I'm at O'Hare Airport.Boarding in 20 minutes.」

ちょっとしたケンカよ、ヘイリー。ひきずらないで
「It was just a little fight,Haley.
You're being DRAMATIC.」



are(is) being〇〇 という表現は、いつも〇〇な人というわけじゃなくて、
そのときに限って〇〇、〇〇になってる、ということ。

You are mean.=あなたは(いつも)意地悪
You are being mean.=あなたは(今)意地悪になってる


映画やテレビでよく、drama queenという言葉を聞きます。
大げさに騒ぎ立てる人、女優気取り、オーバーな人、みたいな意味として使ってる。

She's a drama queen! とかね。


at や in や to や on やらの前置詞ってやつがややこしい。
雰囲気でいいの、という人の意見を大前提にしたい。
覚えられるとは思えないけど、一応、気に留めておく。
こちらがわかりやすいです。

iKNOW 記事


How ever, 諍いがあって気まずくなった相手に、
何回連絡しても応答がなかった時の言い方って、
恋愛でも親子関係でも同じようなもので、すごく可笑しかった。
娘が電話に出てくれなくてメールの返事もなくて、
本当は「なんで出ないのよ!」と怒りたいところをぐっとこらえて、
「携帯、トイレに落としてる間にひょっとして返事くれてたかしら?」
なんてお伺い立てる。無視されてたなら辛いから。
みえみえだけど、よくやるよね。私たちも。

「映画館にいたから電源切ってたの」
Sorry. I watched a movie.I turn off my phone.

「地下街で電波悪かったみたい」
I was in an underground shopping area.The reception was really bad.

「もし電話くれてたらごめんね」
I'm sorry, If you Called.

(。-_-。)

こんな感じ?