「ヘヴィ・トリップ」俺たち崖っぷち北欧メタル!


この映画を語る時の合言葉は陥没!

すでに、今年の劇場鑑賞作品1位獲得
(まだ、これしか観てないけど


原題 HEVI REISSU 2018年 フィンランド/ノルウェー

監督脚本 ユーソ・ラーティオ /ユッカ・ビドゥグレン
音楽 ラウリ・ポラー(Stratovarius)

出演
ヨハンネス・ホロパイネン(トゥロ
マックス・オヴァスカ(パシ
アンティ・ヘイッキネン(ユンキ
サムリ・ヤスキーオ(ロットヴォネン
ミンカ・クーストネン(ミーア
ヴィッレ・ティーホネン(ヨウニ
ルーン・タムティ(フランク
チケ・オハンウェ(オウラ

ヘヴィ・トリップ 俺たち崖っぷち北欧メタル! 公式サイト



E1C7067B-3DC7-4E75-B783-B7C9F5E5F66E.jpeg






このバンドのジャンルは、
「終末シンフォニック・トナカイ粉砕・反キリスト・戦争推進メタル」

*フィンランド語だともっとややこしいらしいが・・・

(個人的に戦争推進という言葉には抵抗感あるけどね)

バンド名
「インペイルド・レクタム」Impaled Rektum 直腸陥没

陥没だー! 陥没だー!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

フィンランドの小さな村で、
12年間も実家の地下室で練習(コピーばかり)してきたメタルたちが、
トナカイ粉砕機?の騒音にヒントを得て、初めてオリジナル曲を作る。
そんな時、トナカイの血を買いにきた男がノルウェーのフェスの主催者と知り、
ドラマーがデモテープを渡す。

「これで俺たち有名になれるぜ!フェスに出られるぜ!」

とすっかりその気になったメタルたち。
それまでは彼らを馬鹿にしていた村人たちも、
すげーな、ノルウェーかよ、フェスかよ!とお祭り騒ぎ。

しかし、ヴォーカル担当トゥロはみんなに真実を言い出せなかった。。。
だって気が弱いし  だって片思いの子に嫌われたくないし。。。

ってのが前半 割とのほほん (バカですが、バカ笑いますが)

後半になると、あれよあれよと どアホで間抜けで極上のバカもんどもが登場し、
思わず拍手の大喝采! ほんとだよ、映画館で拍手起きるんだよ!
私も拍手しまくったよ。


あれこれ言うより観て!!メタル知らなくても、もし嫌いでも、
めちゃめちゃ楽しいから、観て!!!

ちなみに映画館によって、コスプレ割りとかデス声割があって、
私はデス声でチケット注文して、見事合格!わーい

パンフレットは購買必須! 私は詳しく知らないけど、
メタルのこといっぱい書いてあります。



あ、あたしゃ基本コスプレ好き祭り好き
(コスプレ=パンクとかメタルとか/祭り=はみ出しもんのインディーズもの)
なので、がっつりコープスペイントしたんですよ。映画館のビルの階段でね。そんで、
帰りは映画館のトイレで落とそうと思ってクレンジングオイル持ってったのに、
もんのすごい混雑のロビーとトイレで、こりゃダメだと、
その顔のまんま自転車こいで家に帰りました。



スポンサーサイト



「家族を想うとき」




I love Ken Loach the best!

なわけです その信条と、信条を作品にする手腕が




BD678327-A42F-4E76-AF12-3F8CEB999E2C.jpeg




原題『Sorry We Missed You』
は、宅配事業者の不在届に書いてある言葉。
それをさあ・・いつもながらの日本のくっさい感情的邦題にしてくれちまって、
むっかむっかするんだよ、あたしゃ、家族とか人生どうたらとかのくそ邦題はよ!


出演
クリス・ヒッチェンズ(父)
デビー・ハニーウッド (母)
リス・ストーン (息子)
ケイティ・プロクター (娘)



「家族を想うとき」公式サイト

ハフポスト ケン・ローチ インタビュー

ナタリー 脚本ポール・ラヴァティ インタビュー


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

庶民が苦しむようになっている社会への怒りと、
理不尽なシステムの中で懸命に日々を生きる庶民への愛。

ケン・ローチはいつでもあたいらの味方さあ〜

よくあるよね、バイト面接に行って、
これは個人事業主ってことになるからとか、
収入は皆さんの頑張り次第ですとか、
自己責任でとか、言われて、なんかよくわかんないで
結局いろいろ文句言われて罰金取られて使い捨てにされる。


悪行サブプライムのせいで家を失った夫婦は、
借家でその日暮らしをするしかない。
分刻みで金を稼がなければいけない親たちは、
子供と過ごす時間を無くし、子供は不安定になる。

ラストはまるで自分、と思った人がどれだけいるだろう。


この家族はお互い愛があるからいいが、
金がないばかりに険悪になって崩壊する家庭がどんだけあるか。


ああ 地獄の庶民生活、、、、、


いい映画でした







「ドクター・スリープ」



やっぱりこの監督は間違いない!!!


原題 Doctor Sleep 2019年 アメリカ

監督、脚本 マイク・フラナガン

出演
ユアン・マクレガー(ダニー/ダン
カイリー・カラン(アブラ
レベッカ・ファーガソン(ローズ


「シャイニング」の40年後を描いた続編ということだが、
私には、やっと納得できた完成品って感じ。


6DC441B2-C1C9-4537-A8D2-A17422AC8086.jpeg



ホテルで狂った父親から逃げた母親とダニー。
成人したと同時に母親が死ぬと、自分の能力から逃げるため酒に溺れていく。
酒で記憶をなくす日々に嫌気がさした彼は、
依存症のグループに入り、酒を断つ決心をする。
新しい土地の新しい住まいの壁には、みしらぬ少女からのメッセージが届き、
ダニーと少女は友達になった。
この少女はある犯罪を意識上で目撃し、ダニーに助けを求める。
その犯罪者たちは、ダニーのような能力を持つ子供達を狙う異形の集団だった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「オキュラス/怨霊鏡」がとても良かったので、監督には期待してました。

私はシャイニングを公開当時映画館で見てます。
あまりにも美しい映像。寒々しい白と毒々しい赤の対比。
精神障害に苦しんで死んだダイアン・アーバスの写真にインスピレーションを受けた、
あの双子・・・・ 間違いなく大傑作の映像作品ではある。

しかし、原作者キングが意図していた、
’’アル中で暴力をふるう父親に怯える母と息子が、
勇気を振り絞り生き抜いていく’’という部分が、あの映画では感じられなかった。
原因は、あんまりにもおっとろしい顔の役者ジャック・ニコルソンを使い、
あんまりにも極端すぎるやりすぎ演技を許したため。そこに尽きると思う。
こちとら、イカれオヤジばかりに焦点がいってしまい、
何が言いたいのか何を感じればいいのかわからず、
映像の衝撃の印象しか残らない羽目に・・・

そうなの、シャイニングは、あのエレベーターの血とかあのホテルの佇まいとか、
映像はすごく好きなのに、作品じたいは嫌いなんですよ、私は。

「ドクター・スリープ」

これはね、本当に良かったです。ホラーでくくるべきじゃない。
キングが言っているように、「勇気」の映画なんですよ。

「あいつらみたいな悪い奴はきっとまだいる」
「でも、君みたいな人もいる」

そうなのよね、世界は残酷なことだらけ。
でも、思いやりと愛を持って行動できる人々もいる。

で、この映画、組み立てが素晴らしく、いくつかのバラバラに起きる出来事が、
あのホテルに繋がっていくまとめ方がもーーー職人!!!!
絶対に見たかった双子もエレベーターと血も見せてくれて、
それがわざとらしくないの。必然的に挿入されてるの。

「シャイニング」に不満だったキングも、「ドクター・スリープ」には満足らしいよ。

☆シャイニング=特別な力
この言葉、この解釈、とても好き。
アブラ、ありがと! ダニー、ありがと!

いやーーーー それにしてもレベッカお姉様、
とてつもなくお美しいわねー・・・・・・・・ 惚れ惚れ


ドクタースリープ公式サイト




「アダムズ・アップル」




原題 ADAMS AEBLER 2005年 デンマーク/ドイツ

監督アナス・トマス・イェンセンは、
スサンネ・ビア作品で原案と脚本を担当した方。


出演 北欧サスペンスでお馴染みの面々
マッツ・ミケルセン
ウルリク・トムセン
パプリカ・スティーン
ニコラス・ブロ
アリ・カジム


公式webサイト


※ 旧約聖書の「ヨブ記」とアダムのリンゴの寓話をモチーフに
とのことだが、聖書?時の権力者が庶民を操るために嘘八百並べたごみ本?
ヨブ記?なんすかそれ? 知ったこっちゃねえ!
の私は、調べる気にもなりません。

喉仏のことじゃなかったっけ?くらいな


7B292E90-4006-4734-A529-841F0C863AAB.jpeg


ストーリーは、
囚人の更生のためボランティア?で受け入れている教会の坊主が変人で、
ネオナチのアダムは、更生のための一つの目標として、
テキトーに、教会のリンゴでアップルケーキを焼くという思いつきをボウズに告げる。
ツーか、成り行きで言わされる。その後の囚人たちとボウズのあれこれ。



変な映画なんだろうな、くらいな予備知識で観て、
「なんですか、これ? 何が言いたいの?これ?」
と呆れたんですが、いい映画として評価されてるんだよね。

あたしゃ、説教されんのが大嫌いだし、人にもの言われんの大嫌いだから、
ボウズ大嫌い! ムカムカしながら見てました。


気○がいボウズ がなぜに気○がいなのかは、脳腫瘍のせいということになっとりますが、
大体が宗教家なんて気○がいだと思ってるから、こじつけにしか見えない。

きもい  きもい  きもい
アダムじゃなくてもぶん殴りたくなる。


笑えるんだが きもい


「失敬だ」 「議論したいか?」


この二つのセリフだけでも、脳味噌マッチョのきも中年男で、
ほんと、気色わりいー 腹立った

でも、笑えた 笑えたけれど、宗教きもっ  


しかも、、、
いくらなんでも、あの女性、50代にしか見えないのに、妊娠って・・・・
そこになんらかの宗教的な意味があんのかな??? はて???

注意として、雷のシーンがすごくピカピカするので、
発作起こしそうになるから危険です。私は目を細ーくして顔を背けて見てました。



現実が見えないくそボウズのマイフェイバリットソング
''How Deep Is Your Love ''



















「サラブレッド」



⚫︎呻きながら席を立ちしばらくして戻った爺さんが、
とてもとても尿臭かったので、漏らしたんだなとわかった映画館。




掘り出し物〜〜〜‼️


原題 THOROUGHBREDS 2017年 アメリカ

*二人だからサラブレッツだね 二人だってところに意味があるんだけどな。

監督脚本 コリー・フィンリー 

出演
オリヴィア・クック(アマンダ
アニャ・テイラー=ジョイ(リリー
アントン・イェルチン(ティム
ポール・スパークス(リリーの義理父
フランシー・スウィフト(リリーの母



さらぶ



アマンダは、ある事件により高校をやめ、
母親に言われて友人の家に勉強を教わりに行く。
リリーは、夫を亡くした母親の再婚で、金持ちの男が継父になった。
表面では、不満を隠した良い子を装うリリーだが、
アマンダに本心を見抜かれてしまう。
ー継父が憎い、死ねばいいー

二人は継父の殺害を計画するが、、、、、



予告編の作り方、気に入らない。
こういうテンポの映画ではありません。






「イノセント・ガーデン」を見た時に近い緊張感。
自分の中の本物の悪自分を見出し受け入れる心地よさ。

アマンダ役女優は、よくドラマで見て、
いつも暗いイヤーな雰囲気を醸し出してたんで好きになれなかった人。
だからこの役はぴったり!
感情が無い人々は実際いるわけで、その人達が
喜怒哀楽がない心でする物事は、一般の人から見たら信じられない行為に感じる。

馬の出来事を画面で見せないのがいいし、殺人を見せないのがいい。
恐ろしいものというのは、目で見るより想像する方が怖いから。

傲慢金持ちオヤジへの憎悪からの殺人ってとこが、
リジー・ボーデン事件を彷彿とさせる。あー 気持ちよかった。
この両親 ほんと気持ち悪い。

音の使い方が秀逸! 神経張り詰めた豪邸の美術も素晴らしい!




二人が非常に短いショーパンばかりをはき、
そのシンクロも面白い。
アマンダは特に何も考えずに、動きやすいから涼しいからなのかもしれないけど、
リリーの場合は、上半身と髪型は完璧ないい子ちゃんお嬢ちゃんスタイルなのに、
足丸出しなのが、彼女の表面と本音を表しているようで面白い。

これが遺作になったアントン。
小心者のくせに空威張りの卑怯なヤク中ぶりが悲しくも似合ってる。

好きだ、 この映画のスタイル。くどい説明やべっとり感が無くて、
感性と想像力を刺激するスタイル。
削ぎ落とした描写の美。行間の豊かさ。






「アナベル死霊博物館」



⚫︎私が10年前の新婚旅行で覚えていることはただ一つ、
墓地の前で車が突然止まったこと。あとは全部霧の彼方。


原題 ANNABELLE COMES HOME 2019年 アメリカ

監督 ゲイリー・ドーベルマン

マッケナ・グレイス(ジュディ・ウォーレン
マディソン・アイズマン(ベビーシッター
ケイティ・サリフ(ベビーシッターの友達
パトリック・ウィルソン(エド・ウォーレン
ヴェラ・ファーミガ(ロレイン・ウォーレン

アナベルの映画で特に好きだったのは二本。過去記事

アナベル死霊館の人形 ANNABELLE

アナベル 死霊人形の誕生 ANNABELLE: CREATION




アナベル



ウォーレン夫婦は災いを起こす人形、アナベルを自宅に連れて帰り、
神父とともに悪の力を封じ込める。アナベルを鍵のかかるガラスケースに入れる。

夫婦が家を留守にする間、一人娘の面倒はベビーシッターに頼む。
ベビーシッターの友人ダニエラは、新聞に載った夫妻に興味を持ち、
死んだ父親に会えるかもしれないと、無理やり家に入り込む。
彼女は、夫妻が呪われた品々を閉じ込めている部屋に忍び込み、
アナベルのガラスケースを開けてしまう。








ウォーレン夫婦がアナベル人形を家に運ぶシーン、
夫妻が実際にそうした時、本当に車が制御できなくなったそうです。



ベビーシッターの友人のダニエラの自己中さにずっとムカついてて、
あんまり楽しめなかった。
あんな危険をおかしたのに死なずに済んでるっておかしくない?
現実では、アナベルをバカにしたバイク乗りは、帰り道で事故死したらしいのに。

結局、ホラー映画に見せかけた家族愛の映画でござんした。

私は、この実在の人物達が、愛し合う夫婦で、
幸せな家庭を築いてたことはとても好きですが、
アナベルの映画に夫婦愛や家族愛を持ち込むことが嫌いです。

あ、当時のテレビの映像?アナベル人形をクイズ番組で子供がもらうシーンがあります。


ロレインさんは今年亡くなりました。

シネマトゥディ


実際のウォーレン博物館のwebsite. アナベルの物語が書いてあります。

Warren museum アナベルストーリー


1952年に作られらウォーレン・オカルト・ミュージアムは、
現在は閉鎖中。新しい場所に移すみたい。

30 Knollwood St, Monroe, CT 06468 アメリカ合衆国

グーグルマップで見ると、かなりの自然の中。車以外移動無理ね。
ご近所には、ポツンポツンと綺麗なおうちがあります。
庭にボートあったりして、平和な土地柄な感じね。







「帰ってきたムッソリーニ」



⚫︎日本人はまだ犬を殺して食べますか?と大泣き顔文字付きで
外国人に質問メールされて、夢にまで見て、胃が痛くなって、
こんなにもショック受けてる自分にびっくりした。



もともとの原作本と映画(帰ってきたヒトラー)が面白かったんで、
ストーリーはわかってるわけだけど、見にいってきました。

帰ってきたヒトラー  過去記事


原題 SONO TORNATO 2018年 イタリア


監督 ルカ・ミニエーロ 
オリジナル脚本は、「帰ってきたヒトラー」の監督ダーヴィト・ヴネント

出演
マッシモ・ポポリツィオ(ムッソリーニ
フランク・マターノ(カナレッティ
ステファニア・ロッカ
ジョエレ・ディックス
エレオノーラ・ベルカミーノ
アリエッラ・レッジョ
マッシモ・デ・ロレンツォ
ジャンカルロ・ラッティ




帰ってきた




現代のローマに
1945に銃殺されロレート広場に吊るされたムッソリーニが帰ってきた。

ムッソリーニのそっくりさん役者だと思われたムッソリーニが、
視聴率稼ぎ命のマスコミに見出され、テレビやユーチューブで人気者に!
ムッソリーニは、現代のイタリアが抱える問題を解決する意気込み満々。
彼の論説は、私利私欲に走る政治家達や移民に苛立つ人々の心を掴む。








『ファシズムの源泉はイタリアで、ヒトラーにも影響を与えた』

ファシズムといえばヒトラーだと思っていたけど、そうだったんだー!!!

私はムッソリーニについてあまり知らなかったが、
イタリア人もそれほど知らない人たちがいると知り、驚きました。


「帰ってきたヒトラー」のイタリア版ですが、
やはりこちらも、現代の人種差別や移民問題と、
ムッソリーニ時代のファシズム(この言葉も一言では言い表せない・・・)が似通って、
笑いの裏の恐ろしさを存分に味わえる。

原作のラストの方が怖いけどね。


やはり、お化けよりコブラより何より怖いのは生きてる人間だなー


市民へのインタビューシーンで、
「投票なんかしてもバカを見る」に共感。
街ゆく人々の顔にぼかしが入ってたりして、「帰ってきたヒトラー」同様、
一般市民なのかな?極右の事務所も本物なのかな?どうなんだろ。


椿姫のアリア「乾杯の歌」Libiamo, ne’ lieti caliciが朗々と流れる。
もともとドイツ民謡だったから使ってる?

面白い映画でした。





監督インタビュー動画