「ウェインズ・ワールド2」


■テレビから、「若いさくらが」と聞こえて、そんなに若い子じゃないのになんで?
と思ったら、若井桜って名前の人だった。



やっぱ、好き、これ!!

ベイブだ!シュウイ〜〜ン♫

原題 WAYNE'S WORLD 2 1993年 アメリカ 未公開

監督は変わって、スティーヴン・サージック 

主要出演者は同じ
マイク・マイヤーズ/ダナ・カーヴィ
ティア・カレル
クリストファー・ウォーケン
キム・ベイシンガー
ドリュー・バリモア
オリヴィア・ダボ
ヘザー・ロックリア
エアロスミス


20170121210937dbd.jpg



ママの家を出てやっと大人になったウェイン。
元ダッチワイフ工場だった建物に住み、番組は順調に放送中。
相棒ガースにもチ○毛が生えた、エックセレント。
ある日ウェインは夢を見る。砂漠の中でジム・モリソンに出会い、
「きみはぁ、ロックフェスをやるべきだよぉ〜 信じればできるさぁ〜」とお告げをもらう。

エックセレント!「ウェインストック」をやるぞ!
なんとか会場使用費を払い、ラジオや番組で宣伝したが、
出演バンドが決まらない。どうするウェイン&ガース?

一方、恋人カサンドラとプロデューサーの仲が気になるウェインは、
カサンドラが浮気したと思い込み、別れを告げる。





エロエロ攻撃のキム・ベイシンガー
得意のダンスを披露のクリストファー・ウォーケン
音楽もそのまま使うパロディの「卒業」「テルマ&ルイーズ」
「ピンクパンサー」クルーゾー警部のモノマネ、
あちこちに映画の小ネタを挟み、
ロックスターは本物、ジム・モリソンやサミー・ディビス・ジュニアなど、
故人は役者が成りきる。
ラジオDJ役の俳優がめちゃいい声で、調べたら、
シンプソンズでいくつもの声をやってるみたいね。
一作め同様、たくさんのロック・ミュージックが流れます。


とてもとても楽しんだ。(っ*^ ∇^*c)
ぱーりぃおん!

スペシャルサンクスに、
カリフォルニア州イングルウッドと書いてあったから検索したら、
なんと去年でかいドーナツ屋の写真を撮った街だった!
このドーナツがシンボルなんだって。

ボーなつや


もう一つの街、カリフォルニア州モンロビアってところは、
ロス市内からも近いしパサディナも近い、もしかしたら車で通ったかも?






スポンサーサイト

「ウェインズ・ワールド」


■瀬戸内寂聴とかいう坊主が、不倫も命がけでやれば純愛になるとぬかし、
テレビに向かって激怒した。


エックセレント!これ しかも舞台はシカゴだった!
シュウイーーーーン!

原題 WAYNE'S WORLD 19992年 アメリカ

監督 ペネロープ・スフィーリス 

出演
マイク・マイヤーズ/ダナ・カーヴィ
ロブ・ロウ
ティア・カレル
ララ・フリン・ボイル
ブライアン・ドイル=マーレイ
コリーン・キャンプ
ドナ・ディクソン
ミート・ローフ
アリス・クーパー
ロバート・パトリック

ペネロープ・スフィーリス 



シカゴ郊外オーロラ
ロック好きのウェインとガースは、ママの家の地下室で、
仲間たちと和気あいあいと楽しく、
ケーブルテレビ番組「ウェインズ・ワールド」を放送している。

そこへ大手テレビ局での放送のオファーをしてきたのが、
プロデューサーのベンジャミン。
5000ドルの契約金に舞い上がる二人は、契約書はテキトーに読み飛ばす。
で、何が書かれていたかというと、スポンサーを出演させてCMやるてってこと。






オースティンパワーズよりもこっちの方が好きだな、私は。

まるで、「ビーバス・アンド・バットヘッド」みたいな二人。
すごく好き。好感度大。かわいい。

ヘンテコな間もかわいいし、何から何までぎゅーっとしたくなる。

二人と対照的に非常にクールなロブ・ロウも良かった。


マイク・マイヤーズと一緒に脚本書いた、
ボニー・ターナーとテリー・ターナーって人たちは、
これまた大好きだったドラマ「アシュトン・カッチャーの70’sショー」の、
企画/製作総指揮の人たちだった。わぁ〜、なんか嬉しい。

ディーバ役の女優さんは、香港出身の設定。
広東語とか出てくるけど、もしかしたら、他の映画でよくある、
日本人役の人の中国訛りの日本語みたいに、
その国の人が聞いたら違うってわかるアレなのか?

いろんな国の人役がやれる顔であります。

「モダン・ファミリー」のおじいちゃんジェイ役俳優の若い顔を初めて見た!






2016年鑑賞映画良かったものリスト


■回復してきたが、ずっとマスクしてるせいで、耳が痛すぎる


去年見た映画の総まとめです。

I saw at a movie theater.
映画館鑑賞

イレブン・ミニッツ 11 MINUT
グッドナイト・マミーICH SEH ICH SHE
ロブスター THE LOBSTER
孤独のススメ MATTERHORN
マイケル・ムーアの世界侵略のススメ WHERE TO INVADE NEXT
素敵なサプライズ DE SURPRISE
獣は月夜に夢を見るNAR DYRENE DROMMER
イット・フォローズ  IT FOLLOWS

______________________


I watched at home.
その他鑑賞

ぼくらの家路 JACK
ファンハウス The Funhouse Massacre
マーシュランドLA ISLA MNIMA
白い沈黙 CAPTIVES
あの夏の子供たち Le père do mes enfants
人生スイッチ RELATOS SALVAJES
サイの季節 FASLE KARGADAN HA
彼は秘密の女ともだち UNE NOUVELLE AMIE
悪魔のいけにえ THE TEXAS CHAIN SAW MASSACRE
ロジャー&ミー ROGER&ME
レボリューション6 WAS TUN, WENN'S BRENNT?
夏をゆく人々 LE MERAVIGLIE
テイル・オブ・ワンダー SKAZKA STRANSTVIY
名もなき堀の中の王STARRED UP
サイトシアーズ殺人者のための英国観光ガイド SIGHTSEERS
宇宙人の解剖 ALIEN AUTOPSY
次は心臓を狙う LA PROCHAINE FOIS JE VISERAI LE COEUR
あの日の声を探してTHE SEARCH
おやすみなさいを言いたくて TUSEN GANGER GOD NATT
あと1センチの恋 LOVE, ROSIE 
ロスト・フロア SEPTIMO
マスター・プラン JONSSONLIGAN - DEN PERFEKTA STOTEN
奇跡のひとマリーとマルグリット MARIE HEURTIN
ボヴァリー夫人とパン屋 GEMMA BOVERY
フレンチアルプスで起きたこと FORCE MAJEURE
オン・ザ・ハイウェイ LOCKE 
ハネムーン HONEYMOON
365日のシンプルライフ TAVARATAIVAS
あなたを見送る7日間 THIS IS WHERE I LEAVE YOU
私の、息子 POZITIA COPILULUI
オオカミは嘘をつく BIG BAD WOLVES 
カオス・セオリー CHAOS THEORY OCULUS
オキュラス怨霊鏡 OCULUS
ZIPPER ZIPPER
史上最大のティラノサウルスSueの物語 Dinosaur 13




何回も見て、怒りと苦しみと喜びを同時に感じる映画

***ダンサー・イン・ザ・ダーク DANCER IN THE DARK

これはキワモノ怪作奇作カルトZ級でかなり脳にこびりついたやつ。

***魔の巣manos



こんな感じ

「ダンサー・イン・ザ・ダーク」


公開当時から数回見てるのに、ちゃんと書いてないと気づきました。
今夜も見てしまった。なぜか年末に見て、
ドーーーンと重い年末年始を過ごします。
しかし、好きすぎて冷静に語れない映画でもあります。

原題 DANCER IN THE DARK 2000年 デンマーク

ラース・フォン・トリアー監督、いろいろ見たものの、
好きなのはこれ以外は「奇跡の海」のみ。
二作品に共通するのは、「無償の愛」これが私のツボ。

出演
ビョーク
カトリーヌ・ドヌーヴ
デヴィッド・モース
カーラ・セイモア
ピーター・ストーメア
ジャン=マルク・バール
ヴラディカ・コスティック
ジョエル・グレイ
ステラン・スカルスガルド
シオバン・ファロン



ダンサーいんざ


チェコからアメリカにやってきたセルマは、
工場で働き内職もして、一人息子のために貯金に励む。
遺伝病で失明の危機にあるが、視力のせいで失業するのを恐れ、
周囲にはそれを隠している。
地域の舞台で、ミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」の
主役、マリア役を練習しているが、日に日に視力が衰え、
稽古ができなくなる。

隣に住む大家夫婦は、息子の面倒を見てくれたり、
お菓子をくれたりするが、夫の方には秘密があった。
大家とセルマがある夜秘密を打ち明けあったことから、
互いの運命は狂ってしまう。





ミュージカルは嫌いです
嫌いですが、これは別。
辛い人生から一時的に逃避するために、セルマには必要不可欠なんだから。


アメリカの片田舎が舞台だけど、東欧の雰囲気。
アメリカの良い点は微塵も見られない。
チェコで育った主人公が、アメリカのミュージカル映画に憧れたという一点だけ
いい面になってるけどね。しかし、
ミュージカル映画は、セルマの暗い人生に夢を与えたわけですが、
空想癖が災いを及ぼすことにもなってしまい、あんまり良い点でもないかも。

実は私は、「ダンサー・イン・ザ・ダーク」を見ると、
とてもとても幸せになれるんです。

だって、子供の役に立てたんだもん。
一生のプレゼントをあげられたんだもん。
こんなに幸せなことないよ。

セルマは、自分の人生や自分の価値などどうでもいいのよ。
そりゃ、死ぬのは怖いけど、子供が不幸になるくらいなら死んだ方が幸せなの。
赤ちゃんを抱けた喜びに比べたら、恋人とかミュージカルとか、どうでもいいの。

だから私も、「よかったね、セルマ」って気持ちでいっぱいになる。

セルマがかわいそうで愛しくて、
ほぼ全編泣きながら見るけど、嬉しさの涙でもあるのです。


それにしても監督の執拗な描写、すごいですね!
殺害シーン、ラスト少し前のシーン、ここまで撮るか?!と苦しくなる。
しかしあれが現実的で良い。

精神的に複雑なおひとらしいから、それがこの作品の場合、吉と出た。


脈絡ない文章になっちゃったなー。 

とにかく、母の日に見たい映画として私が思い浮かべるのは、
「母なる証明」「MAMA」「ダンサー・イン・ザ・ダーク」
なんですわ。

私はビョークは好きだけど、
ビョークが歌う顔が怖くて、声が怖くて。。。
それは、見ちゃいけないものを見てる気分になるからなんだよねー。
歌は、なんか・・・・覚えらんない・・・・の

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

子供が小学生の時に「これを見なさい」と、
映画館に一人で行かせたのだわよ、これ。
一体どんな気持ちになったんだろう、あの子は?
感想を聞いた記憶はない。
ただ、高校生くらいにの時、ビョークを聴いているのを知ったがね。






「ぼくらの家路」




えーご勉強が大変すぎて映画もドラマも録画が溜まっていくばかりだよー
って、大変なのはあたくしの脳の容量が小さいんだろうさ。

数日ぶりに見たこの映画は、上映してた時期に観たかった映画。
かわいそうな子供が、子供だけで頑張る映画は、
胸潰れるくらいの痛みを感じて、ものすごく愛しちゃうのだ。


原題 JACK 2013年 ドイツ

監督 エドワード・ベルガー

出演
イヴォ・ピッツカー君がお兄ちゃんのジャック
ゲオルク・アルムス君が弟の マヌエル
ルイーゼ・ハイヤー 悪気はないが責任感もない母親


僕らの


ドイツの ある母子家庭(なんて悲しい響き)。
10歳と6歳の男の子がいる。
若い母親は男にモテる。子供がいても男を家に呼ぶ。
母親の留守中、弟が火傷する。
福祉局が親子の処遇を決める。
兄は施設に弟は母親の手元に。
施設の子は週末は家に帰れるはずなのに、
母は兄を迎えに来ない。
兄は意地悪された施設の子供を殴り、その勢いで施設を飛び出す。
が、家には鍵がかかり、母親はいない。電話は留守電。
母親の職場に行くと、弟を同僚に預けたまま戻っていないとわかる。
弟を迎えにいき、兄は母親をさがす。







びっくりだよー‼️

おい!母ちゃん!
今の今まで出し入れしてた股ぐら丸出しのまま息子にメシ作るって、こらー!
全裸で、コラーーーー!

の、衝撃のシーンの後は、
母親がいつも留守な母子家庭に起こりがちな、子供の家庭内事故。

どの国にもある、
精神的に成熟していない母親と幼い子供の母子家庭に起きる事。
母親は生活費のために働きまくるし、子供らのことはちゃんと愛してるけど、
男にちょいといい顔されると、「このひとが生活を救ってくれるかも」と、
ありえない希望にすがりつき、男に嫌われないように、
子供の目を盗んで、留守番させて、ヤらせる。どうせ飽きて捨てられるのに。

子供は母親の行動に振り回されても母親を慕う。

ジャックの母親への手紙の最初に、
「大好きなママへ」って書いてあって、辛すぎた。
よほどのことがないと、子供は母親が好きなんだよね。
(でも、大人になった時、二度と母親とは交流しないだろうと思います。)

「ぼくらの家路」じゃないんだな、
「ジャックが決意するまでの三日間」なんだな、この映画は。

ここには、ハリウッド映画では表現できない、本物の子供がいる。
子供が大人に守られずに生きる日々の過酷さよ。



あーーーーーーつつつつつつ

ホント申し訳ない ごめんなさいごめんなさい
金稼ぎのためとはいえ、朝から夜中までいつもいつも留守番させて、
学校行事にも行ってやれず、子供らは
どんだけ怖かったろう寂しかったろう
なんてわたしはひどいことしてたんだろう
いつか息子らに謝まりの手紙を書かなければ!
と泣き泣き、自分のひとり親家庭だった時のことを思い出し、
痛い痛い思いしながら見ました。
痛くて痛くて苦しくて辛くて。。。。。。。。。

でもラストに救われた。
ジャックのあの判断は正しい!

よくぞ気づいた!よくぞ行動に出た!
あの勇気はなかなか出せるもんじゃないよ、子供には。
ほんと、良かった。嬉しかった。


エンドロールで流れる曲
Anna von Hausswolff 「Funeral For My Future 」





弟君の姿に、私にとって、最高にいとおしいいとおしい名作、
「明日の空の向こうに」のペチャを重ねてしまいました。
うおーーーーーん (;д;)

明日の空の向こうに 過去記事