「ゲティン' スクエア」





うわぁ〜、面白い映画を発掘してくれましたぁ

ザ・シネマHP



原題 Gettin' Square 2003年 オーストラリア 未公開 DVD未発売

*原題は「堅気になる」「恨みを晴らす」の意味だそうです。


主演、サム・ワーシントン
大好きなサム・ワーシントンは。この人が悪いことするはずない、
と思わせる好みのお顔。

ストーリーの前に、めちゃヘンテコだった登場人物の紹介。

サム演じるバリーは、悪徳刑事の陰謀で殺人罪で服役。
母親が死んだんで仮釈放に。←とてもサムらしい凛とした姿
刑務所で世話してくれたのがヤク中のジョニー(デビッド・ウェナム)。
こいつがもう、変な髪型 変な短パン 常にビーサン 常に吹き出物
変な歩き方に変な話し方、誰がどう見てもヤク中の風貌。
この役者、「ロード・オブ・ザ・リング」「ヴァン・ヘルシング」「300」
などに出演、私が見たのは、「ああ、結婚生活」「オレンジと太陽」。
なのに、他の映画での役柄が嘘みたいに、ジョニー役にドンピシャ!


デヴィッドボーナム



レストラン経営のダイエットマニアおやじ(ティモシー・スポール)
の妻マリオン(ヘレン・トムソン)、いいです!
の料理が下手な部下(リチャード・カーター)、強面でボケ役です。
のえーごが微妙な部下(ミッチェル・ブテル)、コマネズミのようにせわしない。

バリーの弟(ルーク・ペグラー)
バリー達の友達で保護観察官(フレイヤ・スタッフォード)


大好きな「ラヴド・ワンズ」のいかれたとおちゃん役だった
ジョン・ブランプトンは仮釈放の審査の場で、
何を学びました?と聞かれ、
「犯行現場には早めに到着するとか被害者には礼儀正しくするとか
それが無理なら銀行強盗はするなってこと」ときた。



Gettin Square




詳しくは、今 引っ越し最中で
パソコン使えないからまた後で書くわ。



こーんなオサレでクールで爽快で笑える映画を作った
ジョナサン・テプリツキー監督、
「レイルウェイ 運命の旅路」も監督したのね。
これは見ない。


「Burning Man 」(2011) これは良さそう。見たい。




__________________________

音楽がカッコ良かったんで、全部探してみた。

「Madder」 Groove Armada




「Wake up and make love with me」Ian Dury




「(I'm) Stranded 」The Saints




「Autumn Shade」The Vines



Machine Gun Fellatio
「Dirty old man」が探せなかったけど
「All Of Them Ladies」



「Mard Love」が探せなかった、Vika and Linda(Kelly)
「Buckle Bunny Bride」が探せなかった、Doug Mansfield & The Dust Devils


「 Into my arms」Nick Cave & the Bad Seeds




「Being Followed」Rocket Science




「 We come 1」Faithless




「Easy」Groove Armada




「Take It Slow」Machine Gun Fellatio





保存しといてもう一回見る


スポンサーサイト

「ハッピーボイス・キラー」


◼︎私のくしゃみは「はぁ〜っうっふん!」らしく、英語だと
How often と聞こえるらしい


あらまぁ、可愛いイカれ映画ですことぉ〜 
あたくしの好みですわぁ〜


原題 THE VOICES 2014年 アメリカ

「ペルセポリス」のマルジャン・サトラピ監督だったのね!

出演
ライアン・レイノルズ
ジェマ・アータートン
アナ・ケンドリック リサ
ジャッキー・ウィーヴァー
エラ・スミス
スタンリー・タウンゼント
アディ・シャンカル
サム・スプルエル
ヴァレリー・コッホ
ポール・ブライトウェル
ガリー・マクグラス


ペルセポリスの


アメリカ 田舎町ミルトン
犬と猫と暮らしているジェリーは、
工場の製造部門で働きながら、
定期的に精神科医と面談し、薬を処方されている。
工場経理部の英国人フィオナに恋するが、
彼女はデートをすっぽかす。
雨に濡れたフィオナを車で送ることになるが、
運命のいたずらか、彼女を殺してあげることに・・・・・






ライアン・レイノルズ
「TED」にちょい役で出てた時、この人ってなんか変な面白さがある。
と思ったものです。真面目な顔してるのにどこかが可笑しい。

ジェマは、2012年の「ビサンチウム」に比べ、
目を疑うくらいに豊満なカービィボディになってる。
もしかして出産した?くらいなんだけどどうなんだろ?


工場やジェリーの家、作業服、可愛いです。
犬、いい味です。
猫、丁度いい意地悪顔です。

あんまり面白いんで、一度に見るのが勿体無いと思い、
途中で家事を片付けた。

精神業患者が薬の副作用で、
ぼーっとしたり生気を失ったりってのも見聞きしたし、
薬飲まないで幻覚と一緒に生きる方が、
本人には生きやすい場合もあると見聞きしたし、
その辺は脚本家がクライムドラマを手がけてきた人で、
詳しくリサーチしてたらしいから、とても納得いきます。

カラフルポップなビョーキ殺人映画

「ラヴド・ワンズ」が好きな人は絶対好きなはず。
おすすめおすすめ (^∀^*)

___________________


うわぁ〜 びっくりした!
ライアンが猫や犬の声もやってたなんて。すげえ








「ミッシング・サン」




原題 MEADOWLAND 2015年 アメリカ 未公開

meadowは牧草地だから、牧草地は、象のいたあの空間のことかな?美しいタイトルだなー。
と思ったが、本当のことはわかんない。

監督 リード・モラーノ 

出演
オリヴィア・ワイルド
ルーク・ウィルソン
ジョヴァンニ・リビシ
エリザベス・モス
ケヴィン・コリガン
タイ・シンプキンス
ジョン・レグイザモ


リード・モラーノ 


両親と一人息子が車で旅行に出かける。
途中、ガソリンスタンドで息子はトイレに入る。
なかなか出てこない息子。

息子は消えた。

一年後、妻も夫も息子の無事を信じているが、
子供を狙った犯罪の容疑者がいると警察に言われる。
妻は容疑者の写真を見る気はない。
息子とは無関係だと信じているから。

妻はある日、教えている小学校で見かけた、
発達障害の男の子が気になり始める。






子供が行方不明になり、誘拐か事故か?犯人は?
のクライムサスペンスではありません。
子供を突然失ってしまった親の苦悶を表現した映画です。

とても好きですこういう描き方。饒舌じゃない語り方。

犯人探しなら、ドラマでいくらでも見られる。
そっちの方は一話完結のCSIシリーズやクリミナル・マインドで充分。
で、クライムドラマでいつも思っていたのは、
被害者の家族、こんなにすぐ警察に話できる?
もっと打ちのめされてうろたえて病気になっちゃって、
話なんかできないんじゃないの? だったので、
被害者家族の苦悩に焦点を当ててくれてありがとう、という感じ。

母親が、発達障害らしき子供に興味を持ち、親に近づき、
連れ出したあの行動。
あれは、人に疎まれ理解されないあの子に、
他の子供たちには無い純粋さ、素直さを見たんだと思う。
自分の息子を心の目で見ていたものを、あの子に反映していたんだと思う。
あの子の父親とヤったのは、自分のことを何も知らない人間だったから。
あんな苦しみを共有している夫とは、セックスなんて絶対にできない。



見た後に、あの子がどんな目にあったか考えた。
世界中で起きている、
子供を拷問して強姦して殺すのが無上の喜びな男の犯罪。
あの子は、犯人に前から目をつけられていて、一瞬で盗まれた。
犯人は、きっとすぐにあの子の首の骨を折って殺してから車に乗せ、
家に帰ってから動画を撮りながら何度も死姦したんだろう。

「あの子は生きてる」の親の望みのなんと悲しいこと

そして、父親はなんとか日常をこなしていけるかもしれないが、
母親は、あの男の種を宿してしまい、家を出て遠くの街に越し、
一人で産んで育てるのだろう。


オリヴィア・ワイルドの、役作りでダイエットしたのか、
げっそりした顔から滲み出る苦しみがすごい。
怖いくらいの、悲しみからくる狂気に近いものが出ています。
あの日息子が食べこぼしたクッキーのことを思い出して、
深夜に車のシートを探り、それを食べるシーン、すごい!
息子をもう一度自分の内部に取り込もうとする、一体になろうとする、
産む性である女の肉体がさせた行動。最高の母親心理のシーン。


ラストの、あの象、なんて美しくなんて穏やかな素晴らしいシーン・・・・
いい映画・・・・・・・・・・・・・ 本当に



____________________

子供を失った親の映画で忘れられない映画は、
「ラビット・ホール」「ブローン・アパート」

エンドロールの最後に、監督の父親が亡くなったらしく、
父に捧げると書いてありました。



「ウェインズ・ワールド2」


■テレビから、「若いさくらが」と聞こえて、そんなに若い子じゃないのになんで?
と思ったら、若井桜って名前の人だった。



やっぱ、好き、これ!!

ベイブだ!シュウイ〜〜ン♫

原題 WAYNE'S WORLD 2 1993年 アメリカ 未公開

監督は変わって、スティーヴン・サージック 

主要出演者は同じ
マイク・マイヤーズ/ダナ・カーヴィ
ティア・カレル
クリストファー・ウォーケン
キム・ベイシンガー
ドリュー・バリモア
オリヴィア・ダボ
ヘザー・ロックリア
エアロスミス


20170121210937dbd.jpg



ママの家を出てやっと大人になったウェイン。
元ダッチワイフ工場だった建物に住み、番組は順調に放送中。
相棒ガースにもチ○毛が生えた、エックセレント。
ある日ウェインは夢を見る。砂漠の中でジム・モリソンに出会い、
「きみはぁ、ロックフェスをやるべきだよぉ〜 信じればできるさぁ〜」とお告げをもらう。

エックセレント!「ウェインストック」をやるぞ!
なんとか会場使用費を払い、ラジオや番組で宣伝したが、
出演バンドが決まらない。どうするウェイン&ガース?

一方、恋人カサンドラとプロデューサーの仲が気になるウェインは、
カサンドラが浮気したと思い込み、別れを告げる。





エロエロ攻撃のキム・ベイシンガー
得意のダンスを披露のクリストファー・ウォーケン
音楽もそのまま使うパロディの「卒業」「テルマ&ルイーズ」
「ピンクパンサー」クルーゾー警部のモノマネ、
あちこちに映画の小ネタを挟み、
ロックスターは本物、ジム・モリソンやサミー・ディビス・ジュニアなど、
故人は役者が成りきる。
ラジオDJ役の俳優がめちゃいい声で、調べたら、
シンプソンズでいくつもの声をやってるみたいね。
一作め同様、たくさんのロック・ミュージックが流れます。


とてもとても楽しんだ。(っ*^ ∇^*c)
ぱーりぃおん!

スペシャルサンクスに、
カリフォルニア州イングルウッドと書いてあったから検索したら、
なんと去年でかいドーナツ屋の写真を撮った街だった!
このドーナツがシンボルなんだって。

ボーなつや


もう一つの街、カリフォルニア州モンロビアってところは、
ロス市内からも近いしパサディナも近い、もしかしたら車で通ったかも?






「ウェインズ・ワールド」


■瀬戸内寂聴とかいう坊主が、不倫も命がけでやれば純愛になるとぬかし、
テレビに向かって激怒した。


エックセレント!これ しかも舞台はシカゴだった!
シュウイーーーーン!

原題 WAYNE'S WORLD 19992年 アメリカ

監督 ペネロープ・スフィーリス 

出演
マイク・マイヤーズ/ダナ・カーヴィ
ロブ・ロウ
ティア・カレル
ララ・フリン・ボイル
ブライアン・ドイル=マーレイ
コリーン・キャンプ
ドナ・ディクソン
ミート・ローフ
アリス・クーパー
ロバート・パトリック

ペネロープ・スフィーリス 



シカゴ郊外オーロラ
ロック好きのウェインとガースは、ママの家の地下室で、
仲間たちと和気あいあいと楽しく、
ケーブルテレビ番組「ウェインズ・ワールド」を放送している。

そこへ大手テレビ局での放送のオファーをしてきたのが、
プロデューサーのベンジャミン。
5000ドルの契約金に舞い上がる二人は、契約書はテキトーに読み飛ばす。
で、何が書かれていたかというと、スポンサーを出演させてCMやるてってこと。






オースティンパワーズよりもこっちの方が好きだな、私は。

まるで、「ビーバス・アンド・バットヘッド」みたいな二人。
すごく好き。好感度大。かわいい。

ヘンテコな間もかわいいし、何から何までぎゅーっとしたくなる。

二人と対照的に非常にクールなロブ・ロウも良かった。


マイク・マイヤーズと一緒に脚本書いた、
ボニー・ターナーとテリー・ターナーって人たちは、
これまた大好きだったドラマ「アシュトン・カッチャーの70’sショー」の、
企画/製作総指揮の人たちだった。わぁ〜、なんか嬉しい。

ディーバ役の女優さんは、香港出身の設定。
広東語とか出てくるけど、もしかしたら、他の映画でよくある、
日本人役の人の中国訛りの日本語みたいに、
その国の人が聞いたら違うってわかるアレなのか?

いろんな国の人役がやれる顔であります。

「モダン・ファミリー」のおじいちゃんジェイ役俳優の若い顔を初めて見た!