嫌いな映画リスト


私が、 「これ、嫌い」と思う映画には、いくつかポイントがあります。

一つ一つ説明はしないけど、大まかに言えば、
『神経にさわる』

・気持ち悪い、と感じる性 ・無駄な殺しと虐待 
・不倫 ・アル中ヤク中過ぎ・登場人物を好きになれない 
・女子供動物をひどい目に合わせる


あとは、わけわかんなかったなー、というもの。
ゴダール、タルコフスキーも苦手)

映画としての完成度に関係無く、まるっきりの個人的な感情です。
だから、記事では、ほめて書いてたりします。

「ベスト10(に入れたい)」に書かなかった、その他の記事リストを作る前に、
こっちのほうが少ないから、先にやっちゃおうと思って。

* それぞれの記事に飛びます*

「あ」

愛のむき出し(ちん○折りと男は敵だ!格闘だけが好き)


悪霊のしたたり
アニマル・キングダム(好きで嫌い)
アンチクライスト(私もアンチだが)
ある貴婦人の恋
いのちの子ども
裏切りのサーカス
エル・トポ ホーリー・マウンテン


「か」

家庭
哀しき獣
殺しのはらわた

「さ」

幸せの経済学
聖少女アンナ
セルビアン・フィルム
ソリタリーマン

「た」

ダークナイトライジング

「わ」

笑う男 神々と男たち


・タイトルが2つ以上あるのは、同じページに記事を書いたものです。


他にも、酔っぱらいやジャンキーやギャングを美化するような映画も嫌いです。
たとえ名作とされているものでも。

とりあえずこんなとこで、今日はハーブスにお出かけ。


これは「追悼のざわめき」 発売と同時に買いました。

$独断映画評+

一つのエピソードの子役以外は全部「人として無理」

スポンサーサイト