「ミレニアムと私」


我が愛するリスベット・サランデルが活躍する映画
「ミレニアム」三部作の元本、スウェーデンが誇る大ベストセラー
「ミレニアム」の作者スティーグ・ラーソンの、
32年間の非婚のままのパートナー、エヴァ・ガブリエルソンが、
スティーグとミレニアムについて語った本。

エヴァは建築家で、
建築の研究の書はあるが小説家ではないため、
マリー=フランソワーズ・コロンバニという記者との共著となっている。


原題は「Millenium, Stieg et moi」
英題は「Stieg and Me, Memories of My Life With Stieg Larsson」

「ミレニアム」というより、長年の恋人だった男性との思い出を綴り、
スティーグがどういう人物だったかを伝える内容です。
なぜならエヴァにとってスティーグは、ミステリー作家ではなく、
あくまでも、世界中で起きている不正や女性への暴力と闘う、
金に動かされず信念を貫くジャーナリストだったのだから。


ミレニアムと私


これを読むと、スティーグが「ミレニアム」を書いたのは、
小説家になるためではなかったのだとわかる。

登場人物や事件や汚職など、事実に基づくことを書くlことで、
ジャーナリストとして見聞きしてきた不正を暴くと共に、
たくさんの友人知人への感謝の気持ちを表現したかったのだ。
(ミレニアムの中でも珍しくも良心的な男性が出てくることが不思議で、
小説だから嘘臭くてもしょうがないか、と思ってたけど、なんと!
スティーグ&エヴァの実在の知人がモデルだった!)

エヴァが「ミレニアム」の共著者と言えるのは、
彼女が話したこと調べたこと、書いた文章、
与えたヒントなどが盛り込まれているだけでなく、
物語の要所要所で二人で意見を出し合っていたからでもある。


ジャーナリストとしての活動に全身全霊で取り組み、へとへとに疲れはて、
極右連中からの脅迫で身の危険を感じ、経済的にも綱渡り生活が長く続き、
「ミレニアム」を出版することで、
恋人エヴァとの人生にもっとゆとりが持てると信じていた。

出版前に死んだけど・・・

原作者スティーグは、「ミレニアム」映画化権を売るなら、
ハリウッドと考えていたという。ところが、
彼の父と弟により、スティーグが嫌がっていた会社に売られ、
彼が生涯愛した女性にはなんの権利も与えられず、
「ミレニアム」ビジネスの恩恵に預かるのはこの親子だけとなった。

そう、大好きな映画「ミレニアム」は、
作者の思いと関係ないところで作られてしまったのね・・・・

______________________


彼の考え、
*他人にひどい目にあわされたら、
復讐することは「権利」ではなく「義務」である。


これ、嬉しい。

世の中、「許しが正義」みたいに言われてるし、
復習とか仕返しとか考える人は嫌な性格ってことにされるけど、
例えば、
・強姦されて告発すると、何度も屈辱を味わう目にあうから泣き寝入りする
・夫を取られて泣く泣く離婚するが貧乏母子家庭の地獄をみる

など、 やった奴らに報復しないとまた被害者が出ることになるから、
思い知らせないとダメなんだ。復讐は義務で正義だ。

エヴァが、スティーグをないがしろにした奴らに、
北欧神話の呪い?をかけるくだりはすごいわね。
あのくらいやる根性を私も持てればよかったわ。

私が以前心配していた、
ヘビースモーカーのスティーグによる副流煙の、
エヴァの健康被害は、エヴァもタバコ吸ってる描写が出てくることから、
どうでもよくなりました。


☆夕べからLaLaTVで「ミレニアム」の放送やってます。週一かな?
私はまた見てる。リスベットの復讐が見たいから。







スポンサーサイト

続編「ミレニアム4」蜘蛛の巣を払う女


▪️英語の先生に、どんな勉強方法してる?と聞かれ、
「行き当たりばったり」と言ったら、「それはダメです」と言われた。



著者が急死したため、ダヴィド・ラーゲルクランツという人物が
続編、「ミレニアム 4 蜘蛛の巣を払う女」を書いた。
スティーグ・ラーセンの遺構に関係のない、ラーゲルクランツまったくの創作。

しかし、もともとミレニアムシリーズは、著者が二人いて、
スティーグ・ラーソンが32年間死ぬまで一緒にいたパートナー、
エヴァ・ガブリエルソンとの作品。
婚姻関係ではなかったため、スティーグ死後、エヴァには何の権利も収入も無く、
遺族とエヴァは作品の権利や収入などで揉めた。


原題 Det som inte dödar oss(我々を殺さなかったもの)



4蜘蛛の巣



サヴァン症候群の男の子が登場。
リスベットは、人と交流できないその子に親しみを感じ、世話をする。

リスベットの双子の妹カミラがやっと出てきた。
姉と違って、一目で誰もが虜になるほどの美貌の子で、
それをいいことに幼い頃から人心を思いのままに操ってきた。
両親に対する気持ちはリスベットとは真逆で、
母親を殴る蹴る強姦する金持ちで権力者の強い父親に憧れ、
犠牲者の母親を、弱い人間として軽蔑してきた。
父親の会社に関わり、強い支配欲に動かされる犯罪者になった。

執筆者は別でも、登場人物の多さと、一人一人を詳しく描写する文章は同じ。
読んでて感じた違和感は、重さ、重苦しさ、暗い影を感じないところ。
ミレニアムシリーズは、狂った暴力権力性欲の犯罪と、
スウェーデン政府の闇が主軸にあったから、
底知れぬ恐ろしさ不気味さが魅力だった。

シリーズ4には、暗さを全く感じない。
表面だけで暗い過去だの過去の犯罪だのをただ書いてる、って感じ?

それなりに面白い物語になってるとは思うけど、物足りないのよ。

なんだろなアーーーー
きっと、死んじゃったスティーグは思春期に強姦事件に遭遇していて、
生涯、女性への暴力に対する怒りや苦しみにつき動かされてきたから、
文にその感覚が見えるんだと思うの。
4の作者の私生活や思想は知らないけど、
根っこのところにあるのが、スティーグと違うんだと思うのよね。

浅いというか、痛みを感じないというか・・・・

この人、今後もシリーズを書く、もう書いてる?そうだけど、
もう読まないや、多分。


***シリーズ通して不満だったこと
リスベットの言葉使いが普通すぎる。
これは翻訳のせい?「〇〇なのよ」「〇〇わ」とか、
普通の女の子の言葉使いになってるんだよね。
もっとぶっきらぼうで突き放した言葉で書いてくれた方がいいです。



こうなったら、
次は、気の毒なパートナー、エヴァ・ガブリエルソンの、
「ミレニアムと私」を読むぞー!


スティーグとのことを語るエヴァ










「ミレニアム3」眠れる女と狂卓の騎士 読後



原題 Luftslottet som sprängdes(爆発した空の城)


「眠れる女」とは、
リスベットが瀕死の状態で入院してる間の話だからかな。
「狂卓の騎士」とは、ミカエルがリスベットのために立ち上げた、
秘密のPC上グループの名前が「狂卓」で、
リスベットが作ったグループの名前が「騎士」。
(狂=君のために立ち上がる狂った←いい意味ね 人間が何人もいるよ。って)


リスベットはチェスの天才でもあります。


3眠れる女



3では、章の区切りに
歴史に埋もれた、戦争に行った女達のことが書いてある。


リスベットの母親は本当に娼婦だった。
映画を見る限りでは、ザラチェンコが侮辱して言ってるだけかと思ってた。
奴にとって女は、殴るのとヤるの以外に用はないから、
各国で女を買っていたし、コンドームなしでやっていくらでも子供がいる。。。。
てめえ、子宮頸がんのウイルスうつしまくりやがったな!死ね
死んだけど。   俺が殺したかったよ。


リスベットがザラチェンコじじいと死闘を繰り広げ、
ミカエルに発見されたのが、2のラストでした。

3では、ザラチェンコじじいがあれこれした、スウェーデンの闇、
『班』が出てきます。班のメンバーも、班の計画・密談なども、
とても詳しく書かれていて、奴らのクソゲスぶりに暴れたくなります。
しかし、これだけの文章量を映画にするとなると、よほどの要約力が必須ですなあー。
つくづく、映画がいかにポイントを的確に映像にしたかと感心いたします。

映画にあった、ミカエルがリスベットに、
「君のことを教えてくれ」とモバイルをこっそり渡して、
リスベットが自分の半生を綴るという設定は少し違って、
小説では、ミカエルが最初に一人で書き上げるんですね。
どうしても調査だけではわからなくて、
リスベットの助けを求めて渡したのです。
あの、珍しくもいい人な医者に託して。



しっかし、ミカエルは女にモテモテなんですが、
(モテるだけで、女の気持ちは皆目理解できないボンクラ)
小説だけで想像すると、えらいハンサムになっちゃう。
映画ではね、ね、・・・あの人、私、好きだけどね、
まあ、あの人でいいんだけどね。
あんまりにもハンサムがミカエル役やっちゃうと、
リスベットの人生や政府の闇に目が行かなくなっちゃうかも知んないからね。

3部の後半で、いよいよ、
スウェーデン政治・司法の悪行の数々が暴かれ、
そいつらの逮捕とリスベットの勝利、
金髪の巨人ニーダーマンの末路に胸がすくわけです。

3の下巻で、
リスベットがハリエットを怒ったのと同じ怒りを、自分にも感じる部分があります。
あのきんもちわりぃ精神科の医者の児童ポルノ犯罪を知った時のこと。
あいつを徹底的に無視するという決意をしたために、
(Nasty Sitな)←こう書いてある。最悪に汚らわしいクソ野郎の犯罪を
続けさせてしまったことに対して、
医者の自分への虐待を、せめて少しでも話を聞いてくれる人に話していたら。
と後悔する。他の子供達への組織的な性暴力を防げたかもしれないと。


しかし。。。。

⭐︎またもや私のリスベット像は、かなり変わりました。
なんつーか、かなりセックスが好きなのね。セックスそのものがね。
もちろん、自分がしたいと思う相手としたい時に、に限る。
でもさー、私、どんなに愛するリスベットでも、既婚者を誘うのは嫌いだなー。
まあ、その辺りは、どんなに真面目で愛妻家の男でも、
チャンスがやってくれば乗っかるもんだ、という証明として読めば
なんとか耐えられるんだけどね。



3部を読み終わって、やはり、まだまだ続きがあるはずだと思いました。
リスベットの双子の妹のこと、母親のこと、
ザラチェンコがあちこちで娼婦に産ませた異母兄弟のこと、
絶対もっと詳しく書かれるはずだもん、この作者の作風からして。

出版前に故人となった作者は、10部まで構想してたそうだから、
全部誰かが書き、出版するのでしょうか?
とりあえず、別人が書いた4部は今手元にあるので、すぐに読み始めます。


ストックホルムでは、「ミレニアム・ツアー」を行い、
リスベットのアパートとされるフィスカルガタン9番地には、
観光客が集まるそうだ。行きたい

日本は内縁の遺族にも遺産分配ある気がしたけど、
スウェーデンではそれが無いので、「ミレニアム」による莫大な収入は、
スティーグ・ラーソンの父と弟が全てを相続し、
法律上なんの権利もない事実婚のパートナー、エヴァには何も無し。






「ミレニアム2」火と戯れる女 読後


▪️若作り整形する有名人でなく、
でかいタマ(肝っ玉・魂)を持った女を手本としたい。



☆何度もスウェーデン映画を観たので、思い入れ激しく、
原作を読んでの感想は、読書感想文とは言えない書き方になっちゃう。


女を憎み拷問強姦殺害する男たち
女を蔑み「いやよいやよも好きのうち(大嫌いだ、この男セリフ)」と、
↑このセリフ、つい先週、ある男に言われました。殺意を感じた。
自分の性欲権力欲に都合のいい考え方を押し付ける男たち
に復讐してくれる最高の女リスベット!


原題 Flickan som lekte med elden

前作「ドラゴン・タトゥーの女」で36年前の事件の解決と、
実業家の悪行を暴露したミカエルとリスベットが、
人身売買事件を調査していたジャーナリスト殺害事件に巻き込まれる。


火と戯れる


各章の前文に、
リスベットが傾倒する数学の難問などが書いてある。



まあ、、、 映画とは随分、違うところがあるわね。
1で姿を表したハリエットは、すっかり雑誌「ミレニアム」に携わってるし、
ミカエルは相変わらずちんこ活躍だし、
ミカエルがリスベットの家を見つけた経緯も違うし、
映画の何倍も性的な箇所がある。
映画でもちょっと思った、ミカエルの女心への鈍感さは、小説では如実。

驚くことに、リスベットは双子!
シリーズ1で、クソ弁護士がリスベットを調べてわかったことですが、
2では双子の妹のことが少しだけ書かれています。



東欧の少女たちがチンピラどもに騙され、
スウェーデンで売春させられている事実を調査している
若いカップルのセリフに、

「10人余りのリリアに会って話を聞いた・・」とあります。

オオーーー「リリア4ever」のことなのよ!
私の大好きな映画なのよ。

「リリア4 ever」過去記事

4ever.jpg


リスベットの性生活、ずっと疑問だった。
13歳から、じじいのすけべにさらされてきたリスベット、
己の権力の行使と性欲に突き動かされた後見人に強姦されたリスベット、
それなのになぜ セックスするんだろう???と。

生物としてはヤり盛りの若い女性だし、
男、女に関係なく、自分の観察眼で選んだ人物とは
積極的に交わるという姿勢は好きだ。
セックスに心地よさ以外求めていないから、不特定多数にもなる。

うーーーん、
映画「女はみんな生きている」の、
性暴力の犠牲になってきた女が、
全てを奪うための自分が狙った獲物にはやらせるが、
自分に恋をした男には「セックスはしない」と言い放った部分が大好きで、
あのセリフがものすごく嬉しかった。
彼女はリスベットより、人生と男に絶望していたのかも。

リスベット、私が思うより、ずっとタフなんかな???
まだ、男を見限っていないのかな?若いから?強いから?

このシリーズは、
登場人物のことが、一人一人詳しーーく書かれ、
それでなくても覚えにくいスウェーデンの名前と
政治経済警察機関が入れ混じったエピソードに絡むと、
もー、私にはこんがらかっちゃって大変。
ただただリスベットへの愛だけでガンガン読み飛ばしております。


☆私のリスベット像を粉砕してくれたエピソードがあります。
豊胸手術!男の性欲の対象になる体になるのが嫌で、
ファッションも、男に嫌われるファッションしてるのかと思ってたのに、
ガリガリの洗濯板をコンプレックスに思っていたなんて!
うーーーーーん

作者、 やはりあんたは男
私がリスベットだったら、絶対しないよ!豊胸もセックスも。



「ミレニアム1」ドラゴン・タトゥーの女 読後




8冊ある原作を、とうとう読み始めました。
第一部ドラゴン・タトゥーの女を読み終えたのでひとまずメモ。

「ミレニアム」Millennium三部作
著者スティーグ・ラーソン

ミレニアムとは、主人公の一人、ミカエルが作り、記事を書く雑誌の名前。
作者自身が反ファシズムの雑誌で仕事をし、
人道的な政治雑誌を創刊していた人。

ミレニアム本


この小説が書かれた背景に私の血がたぎる。
著者が15歳の頃、リスベットという女性が強姦されるのを見たが止める勇気がなかったと。
翌日謝りに行ったが拒否され、彼のその後の人生に、
臆病な自分への罪悪感と女性暴力に対する怒りがつきまとったと。
彼はこの小説を書いてて死んだ。
書いてくれてありがとう。リスベットに復讐させてくれてありがとう。
でも、リスベットが受けた暴力の本当の残酷さは、
エンターティメントでは、人々にわかってもらえないんだよね。

______________________



第一部、日本では”ドラゴン・タトゥーの女”
これは、英題の”The Girl With The Dragon Tatoo”から。
スウェーデン語の原題、
Män som hatar kvinnorとは、女を憎む男達

このままにしろよ!この通りなんだからよ!
作者がこのタイトルにしたのは、
目撃した強姦犯罪が根っこにあるっつーんだからよ!

もう、私 怒ってる  疲れる・・・・・


各章の前文に、
スウェーデンでの女性への暴力・性暴力などの統計が書いてある。


小説と映画には相違点がつきものです。

まず!
「ミレニアム」紙の創立者ミカエルが、離婚した子持ちだった事と、
ちんこがだらしないやりちんだった事が映画と違いまっせ。
映画のミカエルは割と好きだったけど、小説のミカエルは大嫌い。
あと、
リスベットがハリエット事件に関わる経緯も違うし、
聖書と犠牲者の関係に気づいたきっかけも違う。
まあ、この辺は違ってもいいです。女を憎む男たちの犯罪行為と、
その男たちを憎む女が活躍するのは間違いないからいいのです。


登場人物の多さ、
ミカエルが服役することになった事件の説明の複雑さ、
これは、映画を先に見ていなかったら、
うんざりして読むのを諦めていたかもしれない。
リスベットがなかなか出てこないから、きっと読みやめてたな。
映画を見てて良かった〜。


私がこんなにこの物語を好きなのは、こんなにリスベットを愛するのは、
腐れオスどもへのリスベットの気持ちが痛いほどわかるのと、
外道らへの復讐を、大勢の強姦され殴られた女の代わりに
やり遂げてくれたことへの感謝と尊敬への気持ちからだ。

映画を何度も何度も見て、(けしてハリウッド版ではない)
リスベットのことをわかったつもりになってたけど、
小説には、もっと細かな彼女の感情と思考がみえる。

私が同感だと思った箇所が二つある。
頭おかしいナチ連続強姦虐殺男に育てられた息子が、
父親より残虐な犯罪者になったと判明した時のミカエルの言葉に、
猛烈に食ってかかったリスベット。
「親がそうだったからこうなったと言うの?」
「親に強制されてたとしても、どう生きるか選ぶのは自分でしよ?」
というようなこと。
このシーンは映画にありました。

リスベットは、キチガイおやじに育てられたけど、
そのせいで自暴自棄になりかけたこともあったけど、
自分の生き方を、生きる道を立て直し、ああして生きている。
だから、世間がよく言う、あの親の子じゃしかたない、
あんな環境に生まれたら子供はこうなる、
被虐待児は虐待者になる、= 気の毒な側面がある
という考えが我慢できないんだ。
人生で数少ない、少しは信用できる男、
ミカエルまでそんな事を言ったから、ものすごく嫌な気持ちになったんだ。

もう一つは、父親と兄の残虐行為を黙っていたハリエットへの怒り。
普通、ヤられていたハリエットに対しては、かわいそうと思うわけだが、
リスベットにしたら、犯罪者を告発しなかったバカな女でしかない。
これは、いくら恐怖にがんじがらめにされていようが、
ハリエットがやらなければいけなかったはず。
誰にも信じてもらえなくても話すべきだった。
私がいつも思っていること、
父親が子供を殴るのに、子供を連れて逃げるか
警察に言うかしない母親も同罪だという考えに通じる。
リスベットが怒るのは、ハリエットが臆病者のせいで、
何十人もの女が殴られ強姦され殺されたから。

ハリエットもあの犯罪者一族も、リスベットには、
「くそったれのクズどもめ。」なのである。ほんとそうだよ。

狂った性欲で女を痛めつける男どもは、
「私に言わせれば皆殺しにすればいい」
ああああ・・・・・ リスベット、ありがとう!作者、ありがとう!

昔の私は、殺すのは勿体無い、
肛門にバットでもぶっ込んで、ちんぎりたまぎりして生かせ、
と思ってたもんだが、あいつらは、切られたら切られたで、
殴る蹴るの方をもっと頻繁にするに違いないし、物で強姦するだろう。
だからやっぱりこの世から抹消するのが一番正しい!
死刑ばんざい!強姦した犯罪者はな。

疲れた・・・・・・・・・・・・・・・


* 作者は50で心筋梗塞で死亡。
1日60本タバコ吸ってたというから自業自得と断言する。
それよりも、同居していた女性が副流煙の毒で肺気腫になっていないか心配。
どんなにいい人でも、どんなに素晴らしい功績を残した人でも、
喫煙者は嫌いです。