英語で映画化・・・・・



⚫︎友達に、私がどんなに不幸なのか指摘されたので、
紛争地で毎日レイプされてる女の子たちに比べたらすごく幸せと答えた。



ジェシカ・チャスティン主演だから、気になっていた実話。
実話を資料やインタビューを元に小説のような書き方で仕上げたノンフィクション。


「ユダヤ人を救った動物園――ヤンとアントニーナの物語」

ダイアン・アッカーマン著



ユダヤ人を救った動物園



1939年 ポーランド ワルシャワ 
ワルシャワ動物園を営んでいたジャビンスキ夫妻は、
ユダヤ人を園にかくまい、脱出させた。

夫も妻も、多数の著書があり、日記も残っているおかげで、
事実の記載だけでなく、彼らの心情も細かく描写されている。

美しく装飾的で、ファンタジーの世界のような文体は、
動物園の日々や妻アントニーナの人となりを輝かせ、
好きな人ならうっとりするような文章になっています。
動物たちに対するアントニーナの愛情だけでなく、著者の愛情も感じられます。

私は、ドライで完結な文章が好きなので、
ちょっとめんどくさかったけどね。

こんな本が原作なら、きっと素敵な映画になってるんだろうなー、
と思いました。

ダイアンの夫が脳卒中で失語症になり、回復するまでの、
5年間の記録、
「愛のための100の名前」が面白そうだ。



1000n0.jpg





邦題が鼻につくけど

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ジェニファー・ローレンスがスパイ役だというので読んだ。

「レッド・スパロー」

ジェイソン・マシューズ著



著者ご本人が元CIA





なんじゃこりゃ!!
スパイ小説というより、まるでポルノ小説!

まさかジェニファーが、こんなエロシーンはやらないだろうね???
やらないよね?? ね????


著者ご本人が元CIAエージェントだというから、
ああいうエロ仕掛け専門スパイの訓練も、本当にあるのかもしれないけど、
気持ち悪すぎてほとんどすっ飛ばしながら読んだ。
主人公のドミニクの人物描写も浅いというか、
男目線だなー、薄いなー、と物足りなかったし、面白いと思えなかった。

一点だけ興味深いのは、ドミニクが共感覚の持ち主という点。
でもこれも、とってつけたようで、あざとさしか感じない。

映画は、「ハンガー・ゲーム」の監督だから、
違った切り口になってるんだろうけど、
ジェニファーには合わないと思う。
ヘアメイクを見ると、ロシア人っぽくなってるけどね。

私は、「ユダヤ人を。。。」もそうだけど、
その国の俳優が役をやってないとしらけるんで、
その国の言語でないとしらけまくるんで、
両方とも見ないのだ。






スポンサーサイト

「パークアヴェニューの妻たち」




⚫︎国際交流パーティーとやらに出て、
あまりにも話せない自分のバカさに落ち込んでる


私のような庶民には、理解できずに頭抱えてしまう、
特殊な人々の生態を記録したノンフィクションでございます。
どんな映画やドラマより本物はすごかった!ショックすぎた。


原題 Primates of Park Avenue ウェンズデー・マーティン著

「パークアヴェニューの妻たち



小説公式サイト




中西部出身で、NYでキャリア向上をとげた社会学者で作家の著者が、
出産を機に、より良い環境で子育てをしたいという願いから、
NYの中でビリオネラだけが住む地域、
『アッパー・イーストサイド』(パークアヴェニュー)に越し、
そこで見聞きし思考し分析したことを書いた本。


印象は大きく三部にわかれる。

*一部
パークアヴェニューに越すまでの不動産に関する風習と、
そこに住む住人たちの驚愕の生態。

*二部
最初は新参者として観察していた著者が、
どっぷり彼らの生活と考え方に転化する過程。

*三部
裕福な母親たちの内に潜む不安感、危うい立場、
男対女の社会,家庭の構図の厳しさ切なさ。
著者の3人目の妊娠出産とその後の人間関係。

人間観察を、霊長類や他の動物達の行動と照らし合わせているのが良い。
感情だけでなく、科学的に女達の心理を探っている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


本に出てくる金持ち達。
私の周りの金持ちの知り合いたちなんぞ、
貧民に思えるくらいの金持ちぶりのもう、なんか、。。。。もう、すごいんだわ

箇条書きしてみる
・自家用ジェット持ってて当たり前(無い人は存在しないも同じ)
・子守、家政婦、運転手、スタイリスト、ネイリスト他雇ってて当たり前(同上)
・上から下まで高級ブランド当たり前(同上)
・ハンプトンズと海外で、休暇をすごすのが当たり前(同上)

ビリオネラ社会では普通こうなんだろうとは想像がつくものの、
この本は、子供をもつ金持ち女についての本なので、
子供に関することでの奇妙奇天烈なルールの存在には、
冗談だよね!?と言いたくなる。

まず、妊娠の時期から差別が始まる!(頭おかしいんじゃね?)
何事かというと、子の成長度からすると、9月から始まる新学期に、
7月8月生まれの子供は学校(超高い私立)としても受け入れたくない。
なので、10月生まれが理想。妊娠は1月から遅くても3月にするべし!

7月生まれの著者の息子に対して、本人の目の前で、
「誕生日がダメなのね」と言った金持ち妻あり。  

子供は、良い職業(莫大な財産を築けると信じられている職業)に就くための、
良い大学に入れるための、良い小学校に入れるための、
良い幼稚園または良い保育園に入れねばならず、
良い保育園に入れるためには、権力と金とコネがなければならず、
そんな保育園に子供を入れるため、金持ちの親が血眼になって駆けずり回る。

ここで言う、<良い>とは、子供を慈しみ、
幸せに生きるための知恵や知識や感性を育てる教育をする<良い>じゃなくて、
将来の進学ルートにつながる強力なコネのある、金持ちしか入れない場所という意味。
当然、保育園側の力は絶大!


保育園の送迎は、運転手付き高級車以外はタクシー。
保育園後に子供を遊ばせるにも、ママたちの階級がものを言う。
子供の誕生日パーティーに5,000ドル使うのは普通。
子持ちでもいつまでも美しく若くの強迫観念で、美容整形やジム、
衣服に年120,000ドルほど使う。
超ハイヒールを涼しい顔して履くために、足指に神経を麻痺させる注射を打つ。
子守に一年で100,000ドル払い、自家用ジェットで旅費を出して旅行させる。



たくさんの高級ブランド名が出てきます。
高級ブランドを持つ、身につけるということは、
地位を見せつける、敵をけん制する、他者との差別化をする、ということ。
そして、パークアヴェニューの母親たちにとって、
子供の私立学校の卒業証書と家政婦がアイデンティティそのものであり、
高級ブランドもまたアイデンティティそのものになる。

ブランドの中のブランド、バッグの中のバック、
バーキンについての記述には呆れて唸るしかなかった。
150万?とかするバッグね。あれね。あれを欲しいと思う心理、
手に入れるまでの女たちの奮闘。権力争い。もはやコメディにしか思えないんだわ。

その前に、アッパーイーストサイドの不動産に入るための審査の、
物凄さ(独裁政治か!?と思うほどの非常識さ)には、
こんな所にはどんなに金があっても住まない!と思わせる破壊力あり。

あまりに驚きの事実の連続で、中身が濃すぎて、
なかなか先に読み進めなかったよ。

私は、アメリカの都市でみんながいいというニューヨークが、
なぜか心に響かなかった。もちろん、
美しい建物や美術館や公園など、素敵な部分はたくさんあるが、
なんというか気持ちが落ち着かないというかセコセコするというか、
都会好きの私なのになぜ?と不思議に思っていた。

この本を読んで、 ああああ、街全体から受ける印象が、
「パークアヴェニューの妻たち」を代表する違和感だったのかもしれないな、
と思い当たった。はっきり言って成功(金)が全て、な感じね。
アメリカン・ドリームなんていう夢の世界じゃなくて、
食うか食われるかの弱肉強食の野生の世界。
キャリアアップ思考ゼロで、競争心が嫌いで、(だからスポーツが嫌い)
事件事故無くその日がすぎたらそれでよしと思ってる、
間違いなくの私に、
居心地の良さなんて感じられるわけなかったもんね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

金持ちのライフスタイルと思考を書くだけなら、
ただのセレブゴシップ記事になってしまうが、
著者は人類学にも詳しい社会学者。
金持ち妻の闇の部分も興味深く描いている。

完璧な母親、完璧な子供、完璧なスタイルと美貌、
完璧なライフスタイルを維持するために、女たちは神経をすり減らし、
父親か夫に依存している経済状態がいつどうなるかの不安に怯え、
夫の浮気に怯え、子守との確執に疲れ果て、
抗うつ剤やアルコールに依存していく。依存しているという意識もなく。

著者が娘を失ってからの人間関係にとても共感する。
それまでの意地悪なママ達でさえ、女が子を失うという悲劇には
心からの同情と親愛の情を寄せる。
女が3人集まったら、一人は流産や死産の経験がある。とは聞いていたが、
やはりNYでもそうなのだと知った。

霊長類のメスは、自分の子を育てるだけでなく仲間の子も育てる。
子供をみんなで育てるという意識は、現代の都会でも当てはまる、
メスの本能なのだと著者は答えをだす。

ここで思い出した。
街中や電車の中で、他人の幼い子に笑いかけたり話しかけたりするのは、
全員おばちゃんだ!男がやってるのを見たことがない。日本でも海外でも。
だよね、動物のオスは、自分の子を産ませるために、そのメスの子を殺すもんね。
著者の夫、妊娠6ヶ月で陣痛が来てしまった妻を病院に連れていくっていうのに、
ドアマンが傘ささないことに文句言って、
「スーツが濡れたじゃないか」  こいつ死ね、と思いました。



セレブゴシップ、動物学、人類学、社会学、進化、もろもろ。。。。
とてもとても深く考えたくなる本でした。おすすめ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この本を読んでいる間に、カナダのドキュメンタリー
「パソコンを置いて森で暮らそう」All the time in the world
を見たんだけど、私にはこっちの方が羨ましい親子関係、家族関係、で、
心の底から生きてる感じで、
ますますNYアッパー・イーストサイドに生きる人々の狂い方に呆然としました。









「ボージャングルを待ちながら」





⚫︎パンクロック愛好は取り締まり対象!というイスラム教の縛りを知る


何かの雑誌の本の紹介記事で覚えていたタイトル。
ボージャングルって、なんか聞いたことあるな、なんだった?
歌だった。(タイトルだけは知ってるが、歌は知らない)

なんとなく、ヤングアダルトのジャンルかな?と思い、
ヤングアダルト小説は大好きだから読んでみた。


原題 En attendant Bojangles
オリヴィエ・ブルドー著


ボージャングルを待ちながら




なんだよ、これ!?

アル中 ニコチン中 精神病患者の母親と、
アル中 ニコチン中 現実逃避弱虫父親に、
現実を捻じ曲げる嘘で塗り固められた生活を強いられた、
気の毒な子供の話じゃん!


大嫌いなんだよ、こういう話は。

あ、間違い。

大嫌いなんだよ、
こういう事ををいいもんみたいに装飾した話が!



このようにな書評が並ぶ。
*切なくもユーモラス
*奔放で魅力的
*リリカルな寓話

はたまたフランス人が好むという、
<愛は狂気>だとか、<奇妙なものを面白がる>とか・・・

愛が狂気、奇妙なものを面白がる、これらは、
自分を取り巻く世界が、ある程度安定している、という安心感があってこそ、
人生のスパイスとして楽しめるんであって、
まだ世の中の仕組みも人生もなんもわからない幼い子供に、
頭おかしい親の行動を楽しめって、残酷すぎるんだよ!
これじゃあ、子供、将来、摂食障害になっても自傷しても、
人とうまく付き合えなくなっても仕方ないよ。

こんなくそ親に育てられる子供の話を褒めちぎるなんて、ほんとムカつく!

これが、作者の自伝なら、
あー、なんて親に育てられたんだ、
よくぞここまで育ってくれた。 と思うが、
ごく普通の両親のもと、愛されて育ったらしいじゃんか。作者。

精神疾患をステキな特別なファンタジーのように描くなんて
怒り狂う!

大嫌い、この小説。




舞台化され、 映画化もされる? 見ないよあたしゃ





「湿地」原作本



アイスランド映画「湿地」を見て、
映画としては時系列が分かりづらく戸惑ったものの、
ストーリーが興味深かったので、原作を読んでみました。


「湿地 Mýrin」
アーナルデュル・インドリダソン著

湿地本




・映画
ある夫婦の幼い娘が遺伝病に苦しみ亡くなるエピソードと、
孤独な老人の殺害事件の捜査を、同時進行に思えるやり方で進め、
そこに刑事とヤク中の娘の生活も挿入されているため、
ちょっと混乱する。

・小説
女の子の病気と死亡は、最後の方でわかるようになっている。


二つを合わせて映像で語るなら、もっと分かりやすくしてくれたらよかったな。
または、小説に忠実に最後に登場させて、事件に集中させて欲しかった。
刑事と娘の関係と中身の濃い会話は、小説でなら重要に思えるんだけど、
映画には入れなくてもよかったかも。


大きな不満

なんで、あるおばあちゃんの過去の強姦被害を、
不倫にしちゃったの??? それじゃ意味ないじゃん!
あれも強姦だったのに、だからこその悲劇なのに。



過去記事 ↓
映画「湿地」感想

___________________________


・小説全体の感想

映画で結末は知っているのに、
事件の謎解き過程が面白く、読みやめられなかった。
一気読みして目がくらむ。

娘を失った父親の苦悩もよく描かれてたし、
アイスランドの、一日でコロコロ変わるという天気の描写も、
例の、『羊の頭』の食文化も興味深く、
「湿地」というタイトルの意味も深く、
読んだ後に大きな充実感を覚えた。



日本の翻訳者が、
なぜ女性のひどい性被害を書くのかとアーナルデュルに聞いたら、

「性暴力は魂の殺人です。
それほどの被害にあった女性に、
内容を細かく話せというのは残酷すぎる。
私は、女性に対する暴力の正体を男たちに知らせたい。
これほどのことなのだと知らせたい。
犠牲者が恐怖と恥ずかしさで言えないため、
なかったことにされるのはやめなければならない。」


::::::まぁ、知らせても無駄だけどね、やる奴はやるし、
被害にあってもその後どうなるかわかるもん、言わないって。

でもこれは、「ミレニアム」シリーズの
スティーグ・ラーソンが言っていたことと同じだね。
すごく好きになったよ、アーナルデュル。

父親インドリディ・G・トーステンソンは、アイスランドの有名な作家だというので
検索したけど何もわからなかった。


面白かったから、
この人の作品で和訳されてるものは全作読むことにするわ。

「緑衣の女」「声」「湖の男」





「ルイの九番目の命」






サラ・ガドンが出てるってので、映画が公開されたら見ようと思っている。
その前に原作を読んだ。


「THE 9TH LIFE OF LOUIS DRAX」

著者リズ・ジェンセン

ルイの


ムムム そうか、

読んでて、もしかしたらそうなんじゃないかなー?と
想像してた通りの事ではありました。


内容は、産まれてから何回も事故や病気で死にかけた9歳児ルイが、
崖から落ちて昏睡状態になる。
現場にいたはずの父親は行方不明になり、母親の証言はあやふや。
ルイの担当医は、家族のこれまでの歴史をルイの母親から聞かされる。
ブラブラブラ〜


小説の、儚げで傷ついてて、男がつい助けたくなる女性としては、
サラ・ガドンは適役ですね。透き通るような肌、ミステリアスな美貌。


ヘビーな内容を、9歳のルイ本人の語りを入れて読ませているので、
小説「ルーム」に似た感覚はあります。

私は小説はあまり好きになれなかった。
9歳の男の子がやたらと大人のセックスの事を喋るからだと思う。
この部分も「ルーム」と同じ嫌悪感。
「ルーム」では自分のちん○のことを話してたけどね。

映画はよりサスペンス色が濃くなってる様子。

ルイの9番目の人生 映画公式サイト







「FBIマインド・ハンター セックス殺人捜査の現場から」



クリミナルマインドやメンタリストやエレメンタリーや、
その他たくさんのクライムドラマには、
犯人の心理と行動を分析するプロファイリングという手法が、
形は違えど出てきます。

この本は、プロファイリングというものを、
FBIの捜査に確立させた本人が書いた本です。




著者 ジョン・ダグラス

本



1970年にFBI捜査官になってからのジョンが、
いかにしてプロファイリングを極めるようになったかを中心に、
FBIの訓練の過酷さ実務の過酷さや、
アメリカ全国の警察組織との関係や、
何より、性殺人者達の頭の中をのぞいて理解した事柄が書かれています。

印象的だったのは、ジョンが書いているように、
FBIが違法ギャンブル捜査で何100人も一斉逮捕した時、
一人のギャンブル中毒者が言ったこと。
「そういうふうにできているから」の一言。

なぜこんなことする?なぜ〇〇をやめない?

と、普通の人は考えるが、本人にとってその犯罪(行為)は、
こういうふうにできている(絶対やめられない)」んだってね。

だから、「羊達の沈黙」でジョンがアドバイスを求められら時、
性善説や犯罪者の更生を信じてる俳優に、性殺人者がした殺人の、
写真を見せテープを聴かせた。
その後、この俳優は死刑に反対しなくなった。


「精神科医を騙すのはわけない。」と言い放ち、
実際 仮釈放のための精神鑑定で、まんまと医者を騙し、
外に出てすぐ殺しまくるやつらがいくらでもいる。
著者が精神科医に、そいつが何をしたか知ってるかと聞いたら、
大勢を鑑定するからいちいち資料は見ない、みたいな答えで呆れてた。
なんつー恐ろしいことやらかしてんだ、精神科医!


そういうふうにできている殺人者は、絶対に更生しないと私も強く信じます。
性欲殺人だと、治しようが無いです。
もともとそう思ってたけど、この本を読んでますます確信した。

日本人の元受刑者が書いた本にも、
「全然反省なんかする気ないし、悪いこととも思ってないから、
どんどん死刑にすべきだ」ってあった。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この二冊も以前に読みましたが、
異常殺人の中で最悪なのが性欲殺人だから、
「セックス殺人の捜査」の方がより反吐が出るものでした。


ホン


hん








「野良犬トビーの愛すべき転生」



あら〜、、、そうだったのかぁ
こっちの方がいいなぁ
・・・・・・・・・・・

と思いました。ラストはね。


同時期に公開されて、邦題がこんがらかっちゃう、動物が出てくる映画
「ボブという名の猫」+「僕のワンダフルライフ」
=「ボブのニャンダフルライフ」
 by御成座

がはははははは (*^^*)


もとい。
「僕のワンダフルライフ」の原作本を読み終えました。

またこれがね、本屋さんに原作が並んで置かれたりしてるんだわ。
ふふふ   ボブのニャンダフル・・・・・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


原題 「 Dog's Purpose」
著者 W.ブルース キャメロン


野良犬トビー



なんども生まれ変わる犬のトビーが、
一番愛し愛された少年イーサンと再び出会うまでを描いたのが映画でした。

だけど、トビーがいつも一生懸命考える、「犬の目的」、
なぜこうも何度も生まれ変わるのか?
という疑問は、映画ではそれほど重要視してなかったのね。
本では、トビーは常に、「僕の 私の犬生は、なんの目的があるんだろう?」
と考えている。
生まれた環境や飼い主が変わっても、その都度、
「なぜ?目的は何?」と自問している。

転生した時によって、トビーが会得した「犬生の目的」は違うが、
最終的に知った『Dog's Purpose』に涙、、、、、、、


あー、こうやって繋がってるんだー

トビーの犬生と人間の人生を重ねてしまう。
私もトビーみたいに、「あー、このために私は生まれてきたんだな」と確信して
心の平安を得たい。

楽しいだけじゃない、素敵な本でした。




著者はこの本を書くにあたり、
犬の行動や心理、ドッグレスキューについて学んだそうです。
最優秀ユーモアコラムニストに選ばれた人らしく、
たくさんの関係者にユーモアいっぱいの謝辞を述べています。