「特捜部Q 自撮りする女たち」




デンマークの作家 ユッシ エーズラ オールスンの、
「特捜部Q」シリーズは、全作読みました。
・檻の中の女
・キジ殺し
・Pからのメッセージ
・カルテ番号64
・知りすぎたマルコ
・吊された少女


全部、悲惨・残酷・凄惨などの言葉がよく似合う、
私好みの事件が出てきますが、特捜部のメンバーの描写はユーモラスなので、
二面を楽しむという作品になってます。



映画化されたのは、
檻の中の女/キジ殺し/Pからのメッセージ

全部見ました。
それぞれ面白かったです。特に、「Pからのメッセージ」は、
好きな俳優ポール・スヴェーレ・ハーゲンが出てて、
ものすご歪んだ役で、すごく良かった。



特捜部Q 自撮りする女たち


「自撮りする女たち」は、身内の事情が多かったです。
特捜部を率いるカールの助手、ローセの過去が明かされるんですが、
こちとら事件の真相を早く知りたいもんだから、ローセの部分がまどろっこしくて、
危うくすっ飛ばしそうになりましたよ。ローセの過去・・・
でもね、私にはそこまで悲惨に思えませんでした。
だって言葉の暴力だけなんだ。命の危険を感じるような体罰はない。
もちろん、言葉の暴力が精神を崩壊させる威力があるのはわかるけど、
これまでの作品の、事件の背景が物凄くおとろしいのに比べて、
ローセ。。。。 これは、作者のローセへの愛情がそうさせた気がする。

あと、今までの作品は、事件関係者に必ず一人は、
かわいそうな人物が出てきて、そこに感情が揺さぶられたんだけど、
この作品では、私が味方したくなるような人は、一人もいませんでした。

他の作品と同じく、
読み始めたら、徹夜してでも読み終えたくなる本なのは変わりませんけどね。


このシリーズで一番好きなのは、うーん
「カルテ番号64」かなー








スポンサーサイト



「オン・ザ・ミルキー・ロード」原作「蛇に抱かれて」





エミール・クストリッツァ監督の
「 オン・ザ・ミルキー・ロード」の原作を読みました。
著者は監督です。

オン・ザ・ミルキー・ロード公式サイト

ユーゴスラヴィアを舞台にした短編小説集
「夫婦の中のよそもの 」の中の一編、
「蛇に抱かれて」が原作です。



夫婦の中のよそもの


海外文学は、翻訳者によって面白さが左右される。
この本の翻訳家、田中未来という方の、
クストリッツァらしさをちゃんと表現した日本語がいい。
どんな悲劇でも、なぜか
温かみのあるユーモアに包まれたおとぎ話に変えてしまうような、
クストリッツァ世界の不思議な感覚、
大人子供さっていうの?が充分感じられる翻訳になってます。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オン・ザ・ミルキー・ロード(蛇に抱かれて)に関して

登場人物に多少の変更はあるけど、
映画の魅力そのままの小説でした。
私がなぜか涙流してしまったラストシーンは、
小説では少し違いました。
こちらの方が苦行っぽい。

冒頭に『コスタ、永遠の少年』と書かれてます。
少年(子供)の感性と観察眼を失わない、クストリッツァのことだなー、
と強く思いました。




「カムデン・ガールズ」



⚫︎CNNニュースで、「ロンドンのラブホテル前で。。。」と聞こえて、
げ!そんなもんがロンドンにできた??と驚いたら、
NOBUホテルだった。




カムデン!!! タイトルで飛びついた本

「カムデン・ガールズ」 Camden girls


ロンドン、カムデンタウンに生きる若い女の子たちの日々を、
大量の生き生きした会話で、突き抜けた明るさで描いた小説。


著者ジェーン オーウェン

カムデン・ガールズ




実在するロンドンのパブやクラブやストリートや施設、
いろんな問題が起きても、とにかく今を楽しもう精神、
女の子、女の子、女の子、女の子ってなんて素敵って高揚感。

私自身はこの小説のような生活は嫌いだけど、
(酒とタバコと薬だらけだし、セーフ・セックスじゃないし)
つるんでバカやってるばかりに見える女の子たちも、
世の中で起きてる問題に疑問を感じたり憂鬱になったりもする。

女同士の会話が、まるで私とその友達、みたいで嬉しい。
共感しまくり。毒笑が止まらない。

*「結局、子供をメチャメチャにするのは親だからね」
*「男と一緒には暮らせない、以上」
*「男が一生懸命こっちの話聞くのは初めの頃だけ」
*「男は『イエス、バット(うん、だけどね)症候群』いつだって、
君が間違って僕が正しいのを恩着せがましく噛み砕いて説明してあげる、って病気。

しっかし、麻薬の描写が多すぎる!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

作者ジェーンの言葉

「小説はとかく女を不幸な生き物として描きたがる。
基本的に女って人生を楽しんでるのに」
で、

がぜんこの女性に興味が湧いたので、検索しまくりました。


だいたいこんなとこみたい。
・イギリスのカントリーサイドで育つ。
・寄宿学校で素行が悪く退学。
・ロンドンのカムデンで25年過ごす。
・10代、20代は音楽と映画業界で生きた。
・イタリアで乗馬講師をしたが、イタリア人の考えは、
「女は早く結婚すべき」だったため、おん出る。
・「パーティの権利を守る党」を作った。
・その後沿岸部のブライトンに住む。
・事故に合った?
・うさぎアレルギーがある。
・カムデン・ガールズは映画になる?なった?

ツーかよ、この人の親、
娘がどうしようもないもんで、学校丸々買うって、
あんた、どんだけ金持ちんちの子???

幼い頃から寄宿学校にということは、かなりの上流階級なんでしょう。
どんだけどう素行が悪かったのかしら?

SNS見ても、本のことと、動物のこと以外あんまり投稿してない。
今は動物たちと穏やかな生活を楽しんでるって感じなのかなー。



「ガール・オン・ザ・トレイン」原作



⚫︎すれ違いアプリとやらを利用している友達によると、
ヤリ目的以外の男はいない様子。ご飯食べましょアプリでも、
ヤリ目的以外の男はいない様子。



映画「ガール・オン・ザ・トレイン」の原作本です。

上下巻でもぐいぐい読める。
著者 ポーラ・ホーキンズ


ガール・イン・ザ・トレイン


ポーラ




大まかなストーリーは映画の感想で書いたので省きます。

映画「ガール・イン・ザ・トレイン」過去記事



古くは
「コレクター」(ジョン・ファウルズ著)から、
「ゴーン・ガール」(ギリアン フリン著)、と同じように、
登場人物の複数人の立場からなる構成の小説です。


・レイチェル(主人公)
・アナ(レイチェルの元夫の妻)
・メガン(レイチェルが勝手につけた名前ジェス)


この三人の語りでストーリーが進みます。
章の最初に、名前と日時が書かれ、
誰の目線でいつのことかを示しています。



レイチェルがアル中で、時々記憶が飛ぶもんだから、
彼女が自分の行動を思い出せずに悶々とする部分には、
読んでるこっちもハラハラさせられ、
そこにメガンの行方不明事件が絡むもんだから、
明らかなサスペンスものという感じでも無いのに、
先が知りたくてしょうがなくなる。
うまいなー と思います。

先に映画を見て結末を知っていても、ちゃんとドキドキさせられました。

ただ、映画と違って、レイチェルの行動があまりにもしつこく思えてしまい、
途中から、「この酔っ払いイカれ女、もういい加減にしろや!」
と腹たってきました。


それにしても、浮気ってもんの卑怯さ自分勝手さ、その代償の大きさ。。。。
ヤダヤダ


面白い小説でした。




「ケス」原作を読んで



⚫︎性犯罪者リストがどんどん増えて、見なくてすむ映画もどんどん増える。
でも、なんとなく苦手と思ってた奴らで、カンは正しいと思った。

過去記事




げげげ〜〜〜〜っつ!!

ナンジャコリャああああ  ε=ε=(。Д゚)ノ


ケン・ローチのドキュメンタリー映画に感激して、
「ケス」の原作を手に取りましたが

びっくり、 したのよ

今まで読んできた翻訳本の中で、最低の翻訳!
(これまでの最低翻訳本は、村上春樹が翻訳したものだった)


高橋 鍾という人 あなたの責任。(怒)

子供時代の厳しさを、
あんなに素晴らしい映画にしてくれたケン・ローチ作。

そりゃあ、ヨークシャー地方の方言がどういうものか、私にはわかりませんよ。
英国の地方の英語が、英語圏の人々が聞いた時、
どういう印象になるのかも知りませんよ。

でも、いったい何弁なの!
と戸惑いまくっちゃうヘンテコな日本語にしてくれちゃって、
あんた、原作者に謝れ!って感じ。
気が散って気が散って、ストーリーを追う気が失せたわよ。

「ぼくにゃあ 。。。。」
「そいだが 。。。。」
「ぼかぁ、知っとります」
「買ってくりゃよかろうが」
「心臓が止まるでよぅ」

翻訳者のあとがきによると、
ヨークシャー訛りというのは、
「嵐が丘」に出てくる召使いが使っていたのが記憶にあるらしい。
んで、自分の故郷(島根)の方言にいろんなのを混ぜて訳して、
自分でも、無国籍方言になってしまったと書いてる。
それにも増して腹たったのは、
舞台が炭鉱地方だから、筑豊か大牟田の方言にすれば良かったとかぬかしてる。
単純なんだよ!発想がよ!

誰か意見してくれれば止められたろうに。


著者  バリー ハインズ

ケス本





☆次は違う翻訳者のを読むことにした。

訳 乾 信一郎
「鷹と少年」







「帰ってきたヒトラー」原作本



⚫︎ライブビューイングという、スクリーンで行い事を見るヤツ。
それに4,800円も取るバンドの話聞いて、バカ言ってんじゃねー!と思った。


映画が面白かったので原作を読みました。

映画「帰ってきたヒトラー」過去記事


ティムール ヴェルメシュ著

ドイツで大ベストセラーになったそうです。


ヒトラー本



ものすごーーーーーく、面白かった!

This novel is super exciting!


『自殺したはずのヒトラーが現代に帰ってきた』

と言う設定なので、これはSF小説?と思われるかもしれませんが、
実は徹底して現実!
移民、ネオナチ、テレビの世界、YouTube etc.
(実在する新聞や政党、政治家もガンガン出てくる)


小説は最初から最後まで、蘇ったヒトラーの独り言(一人称)です。
現代ドイツの文化や政治やインターネッ多機能電話機を知ったヒトラーが、
どのように感じ、解釈したかの面白さは、文章ならではのこと。


ヒトラーが己の信念で語る言葉の数々が、
絶妙なズレでもって、
今のドイツの人々の言葉と噛み合ってしまう可笑しさ恐ろしさ。
会話が本当のところでは通じ合っていないのに、
ヒトラー芸人の芸風と捉えられちゃってるもんだから、
みんな怖がりも眉をひそめもせずに感心したり爆笑したりする。

クリーニング屋のくだりは、読みながら爆笑してしまった。
映画で見たより笑った。


これって、究極の風刺なんだと思う。


*映画は画面で見るので、
ヒトラーの考えの細かな所は想像するしかありません。
まあ、ちゃんと想像つくようにできてるからいいんだけどね。

しかし、、、映画の結末は原作とは全く違いました・・・・・・・・・・
まあ、いいけど



映画も小説も、両方ともおすすめです!( ^o^)









「コウノトリの道」原作



大好きな双子の英国俳優の片割れ
ハリー・トレッダウェイ君主演の映画は、
ハリーがとっても素敵なだけで、ストーリーに穴が空きすぎで、
全然、心臓を運ぶ鳥じゃなかったので、
原作を読んでみました。


ジャン=クリストフ グランジェ著


あなたの人生の物語



なんだよ〜!!
原作はめちゃめちゃ面白いじゃないかー




映画でわからなかった点がようやくわかりました。

*学者の心臓移植はどこで?いつ?どうやって?
*最後に出てきた医者が、なんでああまでしてあの子を生かしてた?
(というか、この医者、、違うって!全然違うって!)
*主人公の過去の真相は??
*学者の過去は?
*宝石密輸の黒幕は?
*あの刑事の狙いとブリュッセルでの結末は?


映画は、どーしよーもなく原作を変えて、殺して、
めちゃめちゃにしてたんですねー。 ダメじゃん(怒)


肝心の心臓の謎をちーっとも見せてくれてなかった。
こんなに衝撃の真実の面白さだったのに!



ハリー君は何も悪くない
ハリー君は素材として素晴らしい
ハリー君を見るためだけに見ても良い





ルーク&ハリー デビュー作
「ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド」

映画も曲も大好き!!!