「ウェインズ・ワールド」


■瀬戸内寂聴とかいう坊主が、不倫も命がけでやれば純愛になるとぬかし、
テレビに向かって激怒した。


エックセレント!これ しかも舞台はシカゴだった!
シュウイーーーーン!

原題 WAYNE'S WORLD 19992年 アメリカ

監督 ペネロープ・スフィーリス 

出演
マイク・マイヤーズ/ダナ・カーヴィ
ロブ・ロウ
ティア・カレル
ララ・フリン・ボイル
ブライアン・ドイル=マーレイ
コリーン・キャンプ
ドナ・ディクソン
ミート・ローフ
アリス・クーパー
ロバート・パトリック

ペネロープ・スフィーリス 



シカゴ郊外オーロラ
ロック好きのウェインとガースは、ママの家の地下室で、
仲間たちと和気あいあいと楽しく、
ケーブルテレビ番組「ウェインズ・ワールド」を放送している。

そこへ大手テレビ局での放送のオファーをしてきたのが、
プロデューサーのベンジャミン。
5000ドルの契約金に舞い上がる二人は、契約書はテキトーに読み飛ばす。
で、何が書かれていたかというと、スポンサーを出演させてCMやるてってこと。






オースティンパワーズよりもこっちの方が好きだな、私は。

まるで、「ビーバス・アンド・バットヘッド」みたいな二人。
すごく好き。好感度大。かわいい。

ヘンテコな間もかわいいし、何から何までぎゅーっとしたくなる。

二人と対照的に非常にクールなロブ・ロウも良かった。


マイク・マイヤーズと一緒に脚本書いた、
ボニー・ターナーとテリー・ターナーって人たちは、
これまた大好きだったドラマ「アシュトン・カッチャーの70’sショー」の、
企画/製作総指揮の人たちだった。わぁ〜、なんか嬉しい。

ディーバ役の女優さんは、香港出身の設定。
広東語とか出てくるけど、もしかしたら、他の映画でよくある、
日本人役の人の中国訛りの日本語みたいに、
その国の人が聞いたら違うってわかるアレなのか?

いろんな国の人役がやれる顔であります。

「モダン・ファミリー」のおじいちゃんジェイ役俳優の若い顔を初めて見た!






スポンサーサイト

子役たち


■夫が一言の相談もなく引っ越し先を決めた


こういう時にはコメディ映画さえ見る気になれないのだが、
愛する、幼い子供がかわいそうな環境で生きる映画は愛おしいので見る。
以前見たけど、また今日見たのが「ぼくらの家路」

あの子たち(俳優)のその後について検索してみた。


お兄ちゃんのジャック役だったイヴォ・ピッツカー君Ivo Pietzcker
2016の主演作もすごく良さそうな映画だなー。


小説が原作の「Nebel im August」

ジャックくん


ロマの男の子がナチの安楽死計画で精神病院に入れられる。
そこで生きる子供の映画のようです。見たいなー。






弟マヌエル役だったゲオルク・アルムス君Georg Arms

このこは「ぼくらの家路」以前に、
2012年、「Shtoby konchilasj vojna」というショートフィルムに出ていた。
今までにいくつものTV、映画でお仕事してる。

「Freiheit 」という最新の出演作でも、
母親が家を出てしまう家庭の子を演じているようです。

ううっ・・・・

_________________

「ぼくらの家路」
ベルリン国際映画祭での様子。





「ファッション通信」でレイラ発見!ANTM19



大好きモデル番組
「アメリカ’ズ・ネクスト・トップ・モデル」

cycle19すきっ歯のレイラが、
ジバンシー・バイ・リカルド・ティッシのコレクションに出てた!

2017年春夏パリコレ特集の「ファッション通信」で目撃!


もしかしたら、
他のブランドのランウェイにも出てたかもしれないけど、
好みじゃないコレクションは早送りしてるから
わからない。



Leila Goldkuhl
レイア?ってなってるね、最近の日本のサイト見ると。
ANTMの頃はレイラだったけど??

白いえりの、シャツワンピを着てるよ。
0.14 と 0.22 のあたりで出てる。












おー、ドルガバのフィルムにも出てたのねー。これは2016年





活躍してて嬉しいなァ〜



「THE BIG BANG THEORY」で英語


■TVから「途方も無い自慰」と聞こえて、どんなジイ!?と見直したら、
宇宙飛行士の訓練施設での話で、「途方も無いG(重力)」だった



This is my favorite drama. (^∇^)

「ザ・ビッグ・バン・セオリー」

ビッグバン



こんな面白いドラマ、そうそう産まれないと思ってる。
スパドラでシーズン8の吹き替えと字幕の放送見てるが、
この前の腹抱えたエピソードの英語を書き留めたくてね。

ばか笑ったシーンを何回も確かめた。

レナードとペニーが、結婚するにおいて、お金のことどうするか、
ハワード&バーナデット夫妻んちに聞きに行った時の事。


バーナデットが、お金の問題はあると言います。
<あたしのほうがずーっと稼いでるからハワードがひねくれるの。
なのにあたしに内緒でネットオークションでオタクグッズ買ってる。
ブラーブラーブラー、、、、

ハワードが反抗します。
<僕だってちゃんと協力してる!カードの延滞料はどうした?
↑カードの延滞料はネットバンクで僕が処理したんだ、と。

バーナデットが言います。
<カードの延滞料払うのも、忙しすぎてできなかったわ。
↑稼ぎ頭として忙しいのに家事もこなしてるんだから。

このように、夫の不甲斐なさをペニーとレナードの前で言ったバーナデットに、
ハワードが反抗します。で、
<僕が何にもしてないっていうの?>と、
冷蔵庫に小走りで駆け寄り、

Look! my chore chart!

がはははははは o(≧▽≦o)

chore chart =お手伝いシート

子供がママのお手伝いしてシール貼ってもらうカードね。
幼稚園の頃とか、やるんだよね。子供がね。


バーナデット、冷たい目でハワードに言います。
<今後はお小遣いなしかもね

allowance=お小遣い・お手当

ハワードがヒスおこします。反抗的な態度にでます。
<友達の前でお小遣いなんて!給付金って言ってよ!

stipend=給付金・奨学金・固定給


ぎゃはははははは (@>▽<@)


ここんとこのやり取りの、お小遣いと給付金って、なんて言ってるんだろ?
どんな単語なんだろ?と、何回か巻き戻しして聴き直して調べたんです。


いやー、笑った笑った



*ところで、シェルドンの

『 I am not crazy, my mother had me tested.』
字幕(僕はおかしくない!ママが検査させた)

と書かれたTシャツ、持ってます



「X-ミッション」


これを映画館で見てたら<金返せ!映画>だな。


原題 POINT BREAK 2015年 ドイツ/中国/アメリカ

監督 エリクソン・コア 

出演
エドガー・ラミレス
ルーク・ブレイシー
テリーサ・パーマー
デルロイ・リンドー
レイ・ウィンストン
ナスターシャキンスキーの弟も出てる。
父親に悪い意味で似てる。


ミッション


1991年の「ハートブルー」のめちゃめちゃなリメイク。
あらすじ書く気にもならないくらいにひどい!



冗談だよね、これ、冗談映画だよね!?

と、あまりのアホくささに最初の10分で削除しそうになった。

へっ??「オノオザキ??」(。Д゚; )

(CSIシリーズなんかでも、みょうじが二つの日本人が出て来てた)
Are you serious?だよ

ああ~??「8つの修練?」(゜д゜)
まさか!?の「フォースの噴出」に「空の誕生」「大地の覚醒」ときたよ。
おまえは戦隊モノ好きの幼稚園児かっつーの!
What's the hell?!だよ

しっかし
自然保護活動家で、エクストリームスポーツの先駆者という設定の男、
それらしき日本人には一ミリも見えない怪しげエセ仏教オタクみたいな男、
こんなキモい男のインチキ仏教精神持ち出すあたり、
ハリウッドって古い、、、、 笑うしかない
侍スピリットだの悟りだの禅だの入れりやあいいと思いやがって!

キモいんだヨーーーーー!!!

それでも我慢して見たのは、海とサーフィンを見られるという期待から。

話が進めば進むほど、
脚本のチンプンカンプンさについていけない。
例えば、悪党と捜査官が語らうシーン。


「ひどい世の中だ 妥協せざるをえない」

「現実を生きる 俺たちの流儀で」

「人間が壊した自然に償いをする」

「人に生き方を左右されるのはやめろ」

なんすか????なんすかーーーーーー???

「奪った資源を戻して再生したい」
「命の源を守るのは当然の行為だ」

って、あんた金のあるところから窃盗して、
貧乏人にばらまいてるだけじゃん!

てか、こいつらの資金、どっから出てんの?

まったくつじつまが合わないんだよ。
It doesn't make sense.だよ

このセリフを書いたのはカート・ウィマー 
まあ、こういう系の映画を書いてきた人なのね。


エクストリームスポーツってやつをいっぱい撮りたくて、
その映像のすごさを見せたいなら、
ドキュメンタリー映画を作ればいいじゃん。

うさんくさい精神論と口だけの自然愛で、
人に迷惑かけるこいつらに比べて、
「ハートブルー」の『とにかく俺ら、大波に乗りたいんだよ!金要るんだよ!』
の単純明快な犯罪理由が清々しいくらいだ。


感心するのは、世界中にロケして、大金使ってんなーっていうとこのみ。




「ファイナル・ガールズ 惨劇のシナリオ」


■インフル中、夫は私が熱を出してないと思ってたと知り、ショック



原題 THE FINAL GIRLS 2015年 アメリカ

監督 トッド・ストラウス=シュルソン

出演
タイッサ・ファーミガ
マリン・アッカーマン
アダム・ディヴァイン
トーマス・ミドルディッチ
アリア・ショウカット
アレクサンダー・ルドウィグ
ニーナ・ドブレフ
クロエ・ブリッジス

マリン・アッカーマン、大好きです。

ファイナル・ガールズ 惨劇のシナリオ


若い頃、スラッシャー映画に一本出たが、
その後はパッとしない自称女優の母親と、仲良し娘。
オーディションの後車の事故で母は死ぬ。

数年後、母の命日にその映画が上映される。
映画を見ていると、館内が火事になる。
スクリーンを切って逃げた娘とその友達は、
なぜか林の中にいた。

そこへさっきまで見ていた映画の登場人物たちが現れる。
そう、そこは、映画の中だったのだ!

って話。






あらら


「ジョージ・マイケルに捧げるわ(バージンを)」
「それは無理」
「なぜ?」

・・・・・故人だからあれだけど、この時代はゲイってわかってなかったんだね。



コメディだと思うんだけど・・・

「セックスすると殺される」のね。うん、たいていのこの時代のホラーはそうよね。
殺人鬼が来るからって、ストリップするヤリっ子にものすご厚着させたり、
これは映画だと知った男が、「ニューウェイブは?(現実?)」って聞いたり、
殺人鬼を倒すのは処女だから、の下りとか、
「ショジョをナメんなよ」って。。。。まさにバージン顔のタイッサのセリフ
「セックスすると死ぬから服脱がないで」 ププつ

ほんで、なんせ80年代の映画の登場人物なもんだから、
いくら若作りしたって、おばさんとおじさんが当時の若者の格好して、
「私はシャイな普通のおんなの子だもん」って。

素直に見るのは私には無理!

私の好みとしては、母と娘の感動部分はあまり好みではない。
涙流して娘が母を見守るダンスシーンも、どうしていいのやら・・・


でも照明やカラー、その他の美術面がとてもいいです。
エンドロールのアイディアは、今まで見たことない!拍手

NGシーンもたっぷり。
タンポンで汗を拭くマリン・アッカーマン、最高!



テーマソングのような使われ方をしているのが
キム・カーンズ「Bette Davis Eyes」

ジーン・ハーロウやグレタ・ガルボの名前も入ってるんだねー、
知らなかった。




私は、ベティ・ディビスの顔って、鼻から下が苦手なんだけどね。

ベティ・デイビス




何気にこのこが好き アリア・ショウカット

アリア・ショウカット






「ボンダイビーチ動物病院クリスのバカンス!」


■「のろろーん」って聞こえる英語は何?とあれこれ探し、
「not at all」(いいえ少しも)だと知る



Dlifeは吹き替えが多いしCMも多いが、
マーサやジェイミー・オリヴァーの番組を放送してくれるところが好き。

Dlife

ボンダイビーチ過去記事


オーストラリアのボンダイビーチそばの動物病院。
(モダン・ファミリーでは、トップレスビーチだと言っていたが?)

獣医のクリスが、バカンスで世界を旅した様子のレポート番組です。

毎回必ず、クリスの国オーストラリアの、
様々な土地も紹介されます。






くるくる金髪のクリス、世界のいろんなところで、
お人形みたいな髪と言われている。いいなー、巻き毛金髪。

日本にも来てて、来るのはいいんだけど、
コーディネーターってばなんだよ!
クリスをメイドカフェとかロボレストランに連れていくって!
動物に関係ねぇじゃん。

(*`へ´*)

クリスが汚れるから変なとこに連れていくな!と
テレビに向かってプンプン怒ってた。

おまけにふんどし締めさせてさーー
日本のきもいとこばっか教えて ほんと、嫌だった。

*あ、チリに行ったクリス、脚カフェなるカフェに連れて行かれてた。
脚カフェ、そう、若い女の子が超ミニでウエイトレスしてるカフェ。
なんで獣医の旅番組なのにスケベ場所をやるの?たとえ行っても放送に入れるな!

でも、脚カフェ、行きたい。きれえなおねいさんを見たい。美術鑑賞として見たい。
脚カフェの一つ、

UNDER THE YEW TREE