2016 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2016 09

他人なのにそっくりさん15

kage

2016/08/26 (Fri)

▪️日光除けに日傘さすと腕の曲げたところに大汗かくし、
帽子かぶると額から滝の汗かくし、サングラスかけるとグラスの下から滝汗流れる
どうしようもない汗っかき  びーです



ロバート・イングランドブノワ・ポールヴールド

エルム街のフレディと・・・・


Robert Barton Englund




コメディーが似合うフランス人
しゃべるとすごく似てます。

images_convert_20160822143606.jpeg



レディ・ガガとカナダの女優さんMelanie Leishman


ガガがメイク控えめで・・・

31502354_convert_20160825124447.jpg

Melanieのメイクが濃いと

 Melanie Leishman




ジェイソン・ベイトマンとドイツの男優Misel Maticevic


二人とも好きなの

ベントマン


Misel_Maticevic-Hrvat-Berlin-njem_glumac_convert_20160825124517.jpg



ガブリエル・マクトと・・・
がぶりえるまくと、って何回も言うのが面白い。
じゅぬゔぃえーゔゔぃじょるど とか、じゃんかるろじゃんにーに とか、ね)



662210_convert_20160826112422.jpg





申し訳ないが、般若
般若って女性だが、ガブリエルの目の上の頑丈そうな頭骨と、
その下の寄り目がちな鋭い眼光が、いつも私の頭の中で般若と同化してしまう。

がぶりえるまくと、「SUITS/スーツ」で最高にかっこいいけど好きだけど。



般若


過去記事

他人なのにそっくりさん14









スポンサーサイト

ブレイク前夜~次世代の芸術家たち~

kage

2016/08/25 (Thu)

▪️マン・レイは暴力的なセックスを好む男だったと知り嫌いになった びーです



好きな作家 小川剛 の作品が見られる!と、出かけてきました。


青山のスパイラルガーデン1Fにて

ブレイク前夜 展


IMG_8597_convert_20160825091518.jpg



好きだったものたち


IMG_8583_convert_20160825091627.jpg

IMG_8584_convert_20160825091653.jpg



IMG_8588_convert_20160825092135.jpg

IMG_8589_convert_20160825091948.jpg



IMG_8592_convert_20160825092236.jpg

IMG_8594_convert_20160825092325.jpg

IMG_8595_convert_20160825092430.jpg


IMG_8598_convert_20160825092609.jpg

IMG_8600_convert_20160825092702.jpg


IMG_8601_convert_20160825092739.jpg


IMG_8602_convert_20160825092818.jpg





そして小川剛作品

IMG_8585_convert_20160825091743.jpg

IMG_8586_convert_20160825091828.jpg


見る角度により変幻する作品に見とれる

IMG_8587_convert_20160825091907.jpg


IMG_8596_convert_20160825092524.jpg




☆ 8/28まで








イレブン・ミニッツ

kage

2016/08/24 (Wed)

▪️渋谷で、前を歩いていた二人組み、既婚者らしき女性が、
未婚者らしき女性に「結婚相手に最適なのは無趣味無関心だよ!」と。
とてもうなづける   びーです



原題 11 MINUT 2015年 ポーランド/アイルランド

監督 イエジー・スコリモフスキ 

出演
リチャード・ドーマー(映画監督?
パウリナ・ハプコ (女優?
ヴォイチェフ・メツファルドフスキ(女優の夫
アンジェイ・ヒラ(ホットドッグ屋
ダヴィッド・オグロドニック(ヤク中バイク便
アガタ・ブゼク/ピョートル・グロヴァツキ 登山家?
ヤン・ノヴィツキ(画家
アンナ・マリア・ブチェク (医者
ウカシュ・シコラ(強盗?
イフィ・ウデ (パンキー
グラジナ・ブウェツカ=コルスカ(逆子出産



イレブン



午後5時から5時11分。
一見何の関係もないように見える登場人物たちが、
時間の経過と共に影響を与え合う。


女優は映画監督との面接へ
女優の夫は妻の面接が気になり後を追う
バイク便は人妻とセックス
出所したばかりの男はホットドッグの屋台を出す
登山家のカップルはポルノを見る
逆子が生まれそうになった女は救急搬送される







この監督、
「アンナと過ごした4日間」が大好きで、
「エッセンシャル・キリング」が大嫌いなの。

だから、吉と出るか凶と出るか、みたいな、恐る恐るの映画観賞でした。


この作品は、吉だったな

スピード感のある編集が好みだった。


ただ、『騒音でできた映画』だなー、とずっと考えてた。
途中で流れるヘビメタ?デスメタ?スラッシュメタ?の曲より、街の音の方がうるさい。
これはいい意味。下手に音楽使うより、
街の雑踏の音、飛行機やバイクの騒音、大型犬の荒い息づかい、など、
現実の生活のうるささと、これから何か起きそうな不安を煽るうるささ、
その両方が感じられる。


わからない部分があるのでどなたか教えてください。
「あれを見た?」というセリフが数回出てくるので、
まさかのSFものに行くんじゃないだろーなー?と危惧していたが、
そんな絵空事にはならず、普通に、人間の行動が人間に影響を及ぼしてる。
じゃあ、「見た」って、何?
あと、バイク便がホテルのペントハウスに上った時の、
「アンチヴァイラル」みたいな揺らぎは何?
女優はなぜ具合悪くなったの?
これらも、鳩が鏡にぶつかった時と同じく、不幸が起きる前兆の象徴シーンなの?

あと、登山家(これも検索するまで登山家だとわからなかった)は何で、
ポルノを見てたの?あそこんトコ、どうにもわからない。

薄汚くエロな印象ばかりになりそうなところ、
女優役のパウリナさんの美しさが夢のようで、
ドブ川の表面を流れる一輪の百合のようでした。
この女優で救われた。


あんな女優










気になる映画

kage

2016/08/23 (Tue)

▪️近所ですれ違った中年女性が、ザ・クランプスのTシャツを着ていた




映画館でチラシをもらってから、見たいけど見逃してきた映画二本。


「シュガー・ブルース 家族で砂糖をやめたわけ」







シュガー、というより、この人たち、白い砂糖食べてるんじゃない?
私は なんでも白いもんは食わない。米も砂糖も小麦粉も。



「ポバティー・インク あなたの寄付の不都合な真実」





いつも疑問を感じてたことだから












チャップリンからの贈りもの

kage

2016/08/22 (Mon)

▪️包丁でざっくり指切ったことを夫に知られ機嫌悪くされるのが嫌で、
コップ半分くらいは流れただろう血を、洗い物してるふりしてごまかした。
びーです



原題 LA RANCON DE LA GLOIRE 2014年 フランス

原題の翻訳は、栄光の身代金と出ました。

監督 グザヴィエ・ボーヴォワ 

出演
ブノワ・ポールヴールド
ロシュディ・ゼム
ナディーン・ラバキー
セリ・グマシュ

ピーター・コヨーテ
キアラ・マストロヤンニ
ドロレス・チャップリン
ユージン・チャップリン


チャップリンからの贈りもの



チャップリンの遺体誘拐事件の実話を膨らませ、
ヒューマン・コメディに仕上げた作品。

1977年
移民の親友同志オスマンとエディ。
出所したばかりのエディを、オスマンは家に住まわせる。
オスマンの妻は入院中だが、金欠で費用を払えない。
一人娘は大学に行きたいというが、
そんな金はないから諦めろというしかない。

そんな中エディは、アカ狩りでアメリカを追放されスイスに住んでいた、
喜劇王チャップリンが亡くなったと言うニュースを知る。

チャップリンは移民でホームレスの男を描いた。
俺たちと同じだ、俺たちの友達だ!

とばかりにエディは、オスマンを誘って、
チャップリンの墓を掘り起こし棺桶を盗み出し、遺族に身代金要求の電話をかける。









チャップリンの娘と息子が出演し、家やお墓も本物を提供の、
チャップリン家全面協力。



あああ・・・・・ キアラちゃん、キアラ様、
そして、大好きな映画「キャラメル」の監督さんナディーン

この二人の女優が出ていたことが何よりの喜び


遺体を盗んで身代気を要求って、本来は、
遺族の心を踏みにじる憎むべき犯罪行為ですが、
監督はこの事件を、貧しい男たちの浅はかで間抜けな過ちとして描いてます。

こちらに、監督インタビューがあります。

ぴあ映画生活


確かに
娘の存在もあって、とても微笑ましくちょっと哀しみもある、いい映画になっていますね。

犯人の一人に道化師の才能がある設定にしたところ、
涙を笑いを誘いました。

チャップリンの作品が挿入され、音楽も使われ、
監督の、チャップリンへのたくさんのオマージュが感じられます。


実際はロリコン男だったとはいえ、浮浪者チャーリーを生み出し、
社会的に弱い者を主人公にして、批判を笑いに包んで、
娯楽にしてくれたチャップリンはアーティストとしてすごいと思う。
私が一番好きなのは、「殺人狂時代」ですが。


ラストのあのシーン!!「ライム・ライト」のあの名曲が流れ、
やっぱりなんて素晴らしい曲なんだろうと感動。


チャップリン家は告訴をせず、妻は犯人からの謝罪の手紙に許しの返事を出したそうです。


しかし、、、、、
ピーター・コヨーテはチャップリンの妻の秘書役。
私の感覚なんだけど、ピーター・コヨーテが出てると、
どうしても猥雑なセックスの匂いを感じてしまうのです・・・







アラスカの獣医さん

kage

2016/08/21 (Sun)

▪️去年のアメリカ旅行時、不正アクセスされていたと、
今頃カード会社から連絡きた休日    びーです


アニマルプラネットで毎週楽しみにしている番組です。
日本での放送は今月で終わりなのかな?

原題 Dr. Dee: Alaska Vet

アニマルプラネット 番組サイト

Dr. Dee: Alaska Vet公式サイト



ボディビルダーだった 獣医さんディーは、
獣医を目指していたお兄さんが兵役で亡くなり、
兄の夢を継いで獣医になった。

「忙しくしてるのが大好きなの。この仕事が天職よ。」

と、ちっちゃなペットから大型の家畜まで、エネルギッシュに駆け回り、
診察、治療をこなす。
この病院の名物は、いろんな模様のカラフルな包帯
「さ〜、これでよくなるわよー。可愛くしましょうねー」と、
紫やピンクのヒョウ柄の包帯を、巻き巻きしちゃう。


遠方の地域には1日掛かりで車で出張し、
僻地にいる動物たちのために、自ら飛行機の操縦もして出掛けます。







都会の動物病院じゃとてもありえない仕事が、
次々やってくるアラスカの病院。
アラスカという場所を見るのも面白く、ディー先生の笑顔の奮闘が楽しい

私が聞いたことのあるペットのトリマーさんや獣医さんの、
「うさぎの性別はわかりにくいんですよー」
「大きくならないとはっきりしないんですよー」を、
ディー先生は、こうさぎのうちにちゃんと見分けてました


再放送と、新シーズン放送望む








ヴィジット 消された過去

kage

2016/08/20 (Sat)

▪️夫が、レシピを参考にして作った料理が全部好みだったブロガーさん、
「この人と結婚すればよかった」と、三回言われた休日。



原題 ESTRANGED 2015年 イギリス 未公開

原題の意味、翻訳サイトだと、「疎遠にされる」と出る。内容知るとなかなか。


監督 アダム・レヴィンズ 

出演
エイミー・マンソン
サイモン・クォーターマン

ジェームズ・ランス
ノラ=ジェーン・ヌーン
クレイグ・コンウェイ
アイリーン・ニコラス
ジェームズ・コスモ


疎遠にされる



ブラジルの道路をバイク二人乗りで走るカップル。
猛スピードのままにトンネルに入り、事故を起こす。

男カラムは軽症だったが、
女ジャニュアリーは事故前の記憶を失くし、車椅子の移動。
ジャニュアリーの実家だというイギリスの家族の家に訪れた二人は、
厳格でよそよそしい雰囲気の家族に迎えられる。

家族のはずの両親と兄妹への違和感が消えず、
恋人カラムは何も告げずにいなくなり、
ジャニュアリーは家族の謎を解こうとする。








中盤まで、面白いー!と思ったんだが、
もうひとひねり欲しいが物足りず、
主演女優がも少しエキセントリックな容貌だとよかったな、と残念で、
マニア心には、まだまだ惜しいと思った一本。

「籠の中の乙女」みたいに、
キ印の家族のサイコサスペンスかと期待したんだけど、
そこまで突き抜けてない復讐劇だった。


結構ハラハラさせてくれたし、後半はおぞましかったんだけど、
いい大人の兄と妹が、ああも父親に隷属するのが解せなかった。
財産の為とか洗脳されてとかの、はっきりした理由を見せて欲しかった。
執事もね。

もっと救いのない結末にしてもらいたかったなー。