「ボンボンBONBON」



原題 EL PERRO 2004年 アルゼンチン

監督 カルロス・ソリン

出演
アン・ビジェガス(フアン・ビジェガス
ワルテル・ドナード(ワルテル・ドナード


ボンボンBONBON



ガソリンスタンドで整備士として働いていたフアンは、
解雇され、娘夫婦の家に居候している。
自作のナイフを持って売り歩くが全然売れず、
職安に行ってもあまり相手にしてもらえない。
ある日、車の故障で困っていた女性を助けると、
白い犬をあげると言われる。
犬を連れて帰ったものの娘に大反対され、フアンは犬を連れ家を出る。
行く先々で犬を介して不思議な出会いが続き、
フアンは犬との二人暮らしを愛するようになる。







知らなかったけど、
アルゼンチン原種のドゴ・アルヘンティーノという犬種がいるんですねー。

フアンとボンボンとの間には、ボヨヨーンとあったかい雰囲気が流れていて、
なんだかニコニコしてしまいます。
ボンボンの資質に惚れ込む、他の男達とは全然違います。
(血統犬で金儲けする男達とは)


私は何も知らずに見ていて、
「あー、この主役の人、ちょっとした目の動きや表情で
気持ちがすごく伝わってくる、きっとアルゼンチンじゃ名優なんだろうなぁ」
と思ってて、あとで検索してびっくり、素人さんだなんで!

彼だけじゃなく、全員が素人さんだそうです。
素人さん達が、自分自身の役名で物語を演じることで、
フィクションでありながら、ドキュメンタリーのような味わいが出ています。
監督はもともとドキュメンタリーや伝記に惹かれる人だそうで、
なるほどね、と思いました。

とてもいい映画でした。






スポンサーサイト

「マイ・ドッグ・スキップ」



アメリカの「HACHI」への愛から、
海外のハチファン、愛犬家の方々とメールのやり取りをするようになってから、
どどーの英語漬けで、少ない知識をふりしぼり翻訳機能を駆使して、
かなりの時間を英語文作成に費やして、
なかなかブログ が書けません・・・・・・


原題 MY DOG SKIP 2000年 アメリカ

監督 ジェイ・ラッセル

出演
フランキー・ムニッズ (ウィリー・モリス
ダイアン・レイン (ウィリーのママ
ケヴィン・ベーコン (ウィリーのパパ
ルーク・ウィルソン (隣のお兄さんディンク
ケイトリン・ワックス (ウィリーの初恋の人
ブラドリー・コリエル
クリント・ハワード


マイ・ドッグ・スキップ




1942年 ミシシッピー州ヤズー
町中の誰もが知り合い、子供達は自由に遊びまわり、
リード無しの飼い犬がいても誰も気にしない。
戦争で足を失ってから気難しくなった父と、
エネルギッシュで明るい母のいる家庭で、一人っ子のウィリーは
少し寂しい思いをして過ごしていた。
そんなウィリーのため、母は彼の誕生日に子犬をプレゼントする。
一度は父に反対された子犬だったが、スキッパーと名付けられ、
ウィリーの親友になる。







映画を見ながら、あれ?ノーマン・ロックウェルっぽいなぁ
と感じてたら、監督はそうれを意識したそうです。
1940年代の小さな町とそこに暮らす人々を、ノーマンの絵のように描写したとか。
これは、アメリカ人にはたまらない郷愁なのではないでしょうか。


作者の実話の映画化です。
のんびりした田舎町の幸せな光景の中にも、
戦争が落とす影を、子供の感性からきちんと描いてくれて、
動物と子供の感動物語だけに収まらない、感慨深い映画でした。
最初と最後にウィリーの部屋が映され、
時の流れやウィリー達の生活や時代を感じさせてくれます。
とても素敵な映画でした。



ウィリー役の子は、今もよく見かける役者さんですねー!!
彼は、赤ん坊の頃から犬と生活していたそうで、
秋田犬!とハスキーを飼っていたそうです。

犬ですが、初めは素人の犬を使ってみたそうですが、
ただ走るだけのシーンで、もう、
ああ、プロを雇わねば、と監督は思ったそうです。
プロ中のプロの犬俳優君達は、父と息子。名演技です。

DVDには、
監督の裏話の動画がおまけについています。映画一本分の長さですが、
ご覧になることをお勧めします。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


原作本 ウィリ・モリス著
いま読んでます。


マイ・ドッグ・スキップ




「変人村」




はい、はい、
これも、なんの「変態」関係もない、日本が勝手につけたタイトルですよね。
「変態」シリーズと勘違いして、うっかり借りちゃうのを目論んだのかい?


原題 SHEITAN 2006年 フランス

監督 キム・シャピロン 

出演
ヴァンサン・カッセル
オリヴィエ・バーテレミー
ロクサーヌ・メスキダ
ニコラス・ル・パタン
レイラ・ベクティ
モニカ・ベルッチ


サタン



いやはや、全く全然
集中もドキドキもワクワクもなく、
まだ終わらないかまだ終わらないかと。。。

途中で出てくるいかれオヤジを、
ヴァンサン・カッセルだとは気づかないくらい集中できず、
気づいたら、あ、私はこの人が出る映画、ダメなのばかりなんだ、と思い出し、

邦題負けとしか思えず、、、、、、、、  疲れた


三人の男がクラブで二人の女の子と知り合い
車で田舎にある女の子のの実家に遊びに行くが、そこは変な人だらけの村で、
なんか女の子のパパは人形ばっか集めてて、
本物の目ん玉とか髪の毛とか必要みたいで。。。。

サタン?悪魔崇拝の、人形に魂宿す、みたいなことやりたかった?

ぜーんぜん 面白くなかったです。
「変態村」をみならえよーー!!!






「変態村」




変態?
狂人ですよ、この村の人々は
この邦題にすれは儲かると踏んだんでしょうか?まあ全体に変態臭は漂いますが、
こんなタイトルにはして欲しくなかった。
・・・・家畜を強姦するあたりは変態と言えますが、
変態でなくても相手がいなくて発情してるオスはこうなるのが普通な気もするので


原題 CALVAIRE 2004年 ベルギー/フランス/ルクセンブルク

監督 ファブリス・ドゥ・ヴェルツ 

この監督の作品は、私は、先に、「変態島」「地獄愛」を見てます。


出演
ローラン・リュカ(パフォーマー マルク
ジャッキー・ベロワイエ(自称元コメディアン バルテル
フィリップ・ナオン
ジャン=リュック・クシャール
ブリジット・ラーエ
ジジ・クールシニー
フィリップ・グランダンリー
ジョー・プレスティア


変態村




ドサ回りの歌手マルクは、老人ホーム?の慰問が終わり、車で移動する。
田舎道を走るうちに車が故障し、ボロボロの宿の主人に助けを求める。
主人は愛想よく、修理屋に電話で修理を依頼してくれた。
この主人、元コメディアンで、逃げた妻は歌手だったという。
主人は、妻への執着と昔の栄光への執着から、マルクに歌を強要する。
翌朝、車の部品が進まれ、宿の電話線が切られている事を知ったマルクは、
主人に疑問をぶつけるが、直後、彼に襲われ、椅子に縛り付けられてしまう。









「地獄愛」を見たときに、この人が作り出す映像美がとても気に入り、
あれまあ、タルコフスキーとかあの辺にも通じるんでない?くらいな。。。
タイトルだけで避けていた「変態村」に手を出したわけです。
「変態島」よりなぜか避けていたこのタイトル・・・なんでだろ?


冒頭のマルクの舞台からして強烈に惹かれるものがある。
うらさびしくむなしく、すさみ感、
自分より少しでも若い男に対するおばあさんたちの心境。
そしてマルク自身が醸し出す、どこか普通の男ではなさそうな淫猥なムード。


マルクがペンションについてから、
主人の異様なハイテンションぶりしつこさぶりに、
こいつはヤベェ、とんでもないことになりそうだ、との予感にワクワクゾクゾク。

そして素晴らしいあのシーン!!!
いきなりの女装丸刈り!!!


あああ  強烈に好きだ、あそこの展開

狂気とは、常人が持つ起承転結を踏まえないものよね。
あのいきなりさに、狂いをより強く感じたのよ!

マルクが緊縛されてからの、この映画のどとーの気チガイぶりは、
村人たちのダンスシーンを皮切りに、あっという間に大波乱へと突入いたします。
まるで、『mother!』(監督ダーレン・アロノフスキー)です。

監督は言ってます。
村人たちの集団狂気、強姦シーンだけは、俯瞰撮影にしたかった。と
効果抜群です!こいつらの狂った脳みその表現が、全体的に見られて大満足です。

主人公マルクについてですが、監督は、
普通はひどい目に会う登場人物には共感や同情を感じるものだが、
この映画ではそうしたくなかったように言ってます。確かにこの俳優の顔には、
どこかに数ミリの嫌悪感を感じる、味方になれない何ががある。ナイスキャスティング!

とてもとても好きな映画です。
好きな理由を聞かれても、感覚の問題だからうまく言えません。
この映画が好きだと言って共感してくれる人が周りにいるとは思えません。
(地獄愛が好きなことも理解してもらえるかどうか)

でも、
大好きだーーーーーーーー この映画



主役二人と数人以外素人さんだそうです。

*ところで、
豚と牛、大丈夫だったんでしょうか?そこが気になりましたけどね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

DVDのおまけ映像として入ってる監督の初監督ショートムービー
「ワンダフル・ラブ」
Quand on est amoureux c'est merveilleux 1999年

これがものすごい! 見て!!!


ベルギーの映画館のサイトかな?動画が見られます。

Panique!





「リジー・ボーデン」



最低最悪の邦題「奥様は殺人鬼」とつけられていますが、
リジーはそもそも生涯独身でした!
DVD作った会社の人、ちゃんとリサーチしろよ!
サマンサが主演だからって「奥様は。。。。」バカじゃない?!


原題 THE LEGEND OF LIZZIE BORDEN 1975年 アメリカ

監督 ポール・ウェンドコス 

出演
エリザベス・モンゴメリー
エド・フランダース
フィオヌラ・フラナガン
キャサリン・ヘルモンド
フリッツ・ウィーヴァー


リジー



マサチューセッツ州フォールリバー
1892年8月4日 猛暑の午後
資産家ボーデン家
次女リジー32歳が呆然と佇む。
父が何者かに殺されたと言う。
警察が家を調べると、リジーの義母も惨殺死体で発見された。
リジーの姉が急いで家に戻る。

リジーが両親殺しの容疑で逮捕され裁判が始まる。
彼女の担当医は、リジーが錯乱しないようにとモルヒネを毎日打つ。
リジーの証言は曖昧で怪しまれるが、モルヒネの影響と考えられる。







アメリカでは誰でも知るリジーボーデンの親殺し疑惑です。

たくさんの演劇やテレビや映画で取り上げられています。
一番最近では、クロエ・セヴィニーがリジー役、
メイド役がクリステン・スチュワートの映画がありますね。
私は、この映画について、あまり見る気がしません。
二人をレズビアン関係にしたそうで、そっちへの好奇心ばかり宣伝してそうで。


エリザベス・モンゴメリーが主演する映画は、
「私は犯された」 A Case of Rape という、
たまらなく嫌でいたたまれなくて悲惨な映画を見ました。

彼女の狂気混じりの演技は、
サマンサのコミカルで爽やかで上品なイメージとはまるで違います。
すごい!
回想シーンがすごい! いっぺん見る価値ある!


このリジーの映画、実は、
リジーの家に行った時に、ギフトショップで流れていたの。
そんで、お店の人が、こいつがすげえよ!みたいに勧めてくれた。
そこで初めて、クリスティナ・リッチ以外のリジーを知ったのです。
しかも、サマンサで!!!! 帰ってきてからすぐDVD見たのです。



この映画の一番の感想

金持ちのケチほど嫌なもんはない



リジー・ボーデン・ベッド&ブラックファスト訪問記

旅行記



Boston〜6州巡り終わり



ボストンといいななら、
ボストン観光よりHACHIに会うことが目的だった今年のアメリカ旅行でした。


Oh.........
Hachiko.......
.


See you again someday.

IMG_3440_convert_20190709094628.jpeg


アメリカのハチ公の街 Woonsocketから、自分に出したハガキ
薄いけど、Woonsocketの文字がある喜び

fullsizeoutput_161d_convert_20190709094452.jpeg


夫がボストンで行った野球場

IMG_3827_convert_20190709094222.jpeg



JALのベジタリアンミールは、行きはやっぱりあ〜あ、だったけど、
帰りはとても良かったです。

日本発だとダメだね、ベジタリアン食。海外からだと充実してる。

*乳製品、卵、ありのベジタリアンミール(帰り)


IMG_3935_convert_20190709094409.jpeg


次のアメリカはいつ行けるかなぁ。。。。。。。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ところで、ボストンですんごく面白かったこと


What a coincidence! (*゚Q゚*)

モーテル裏のバス停からボストン中心へ向かうバスに、二日続けて乗りました。
その二日は一本違う時間のバスでした。
なのに、!!!!

*1日目、バスの向かい合わせの席に、
どえらいハンサムが乗っていました。(私たちより前のバス停から)
あんた彫刻??? くらいな整った骨格のお美しーーーーいお顔の若者でした。
当然チラ見してたら、おもむろにバックパックからCLIFバー取り出して食べました。
「いやん、このハンサム、あたしと同じもん好きなのね♪」と心で万歳してました。
ハンサムは、その後フルーツゼリーを出しました、
ゼリーのフタむいて、そのまま飲みました。ゼリーを。
しかも半分食べてそのままバッグに戻しました!

ハンサムのそばに、綺麗なお姉さんが座ってました。
お姉さんは、念入りにメイクをし始めました。
二人は同じバス停で降りました。


*2日目、バス停でバスを待っていると、
遠くから一人の男性が歩いてきました。
あ、地元の人かな、(こんな辺鄙なバス停だから)と思ったら、
なんと!昨日のハンサムでした。違う時間なのにー
バスが来て座ったら、昨日と同じ向かい合わせの席に、
同じ感じでハンサムが座りました。
もう、おかしくておかしくてニヤニヤしたんだけど、
ハンサム、やっぱりバッグパックから、
今日はホイルに包んだベーグルサンド出して食べ始めました。
やっぱり半分食べてバッグにしまいました。
次のバス停から乗ってきた女性が、ハンサムの隣に座りました。
あっつ!!!綺麗なお姉さんだ。ん??あれ?気のせいかな?
おっつ お姉さん、念入りにメイクをし始めました。
あああああっ!!!これはやはり昨日のお姉さんだっ!!!

そうです、私たちは、遠い異国で、場所も時間も違うバスで、
地元のハンサムと美女に二日間お会いしていたのです。

あああ。。。これが若い独身なら恋が・・・・

ていうか、ハンサムとお姉さん、恋が芽生えないのかなー?

と、笑いと驚きと妄想のボストンのバスでした。


おしまい





Boston〜6州巡りボストン7



観光客に人気の通りだという、

ビーコンヒル を目ざしました。


地下鉄からビーコンヒルに行く途中に、
大きな公園と議事堂が向かい合わせにあります。


fullsizeoutput_1579_convert_20190707132157.jpeg

fullsizeoutput_157c_convert_20190707132258.jpeg


茶色の建物が増えます

fullsizeoutput_157b_convert_20190707132230.jpeg



そして、

オルコット住居跡 ピンクニー・ストリート20番


fullsizeoutput_1583_convert_20190707132411.jpeg

fullsizeoutput_1584_convert_20190707132442.jpeg



ここは「若草物語」の作者
ルイザ・メイ・オルコットが、姉のアンナと住んだ家。(1882-1885)
この家で学校も開いていたとか。


IMG_3799_convert_20190707133029.jpeg

fullsizeoutput_158a_convert_20190707132550.jpeg

fullsizeoutput_1586_convert_20190707132512.jpeg




彼女らの父親は、『超越主義』という思想の持ち主ということで、
姉妹は幼い頃から、かなり独特の家庭教育を受けていたんでしょうね。

しかし、「Little Women: or Meg, Jo, Beth and Amy,」という原題を、
まさに日本特有のくっさい邦題に変えた(そのおかげでヒットした)んだね。
私は個人的に、こういう青臭い実は根底の部分に思春期エロを想像させる言葉が大嫌い。



ヒルと名のつく地域は、どこも高級住宅地なのですね。
美しーーーーい通りですが、でっこボコの石畳でちゃめちゃ歩きにくい。
ベビーカーとか車椅子とか大変だろうなーと思いました。

fullsizeoutput_1590_convert_20190707133353.jpeg

IMG_3805_convert_20190707133112.jpeg



小さくてオシャレなレストランやカフェがちょこちょこありました。
チヤーリーズストリートのスタバで休憩。大好きなジュースがあった!

fullsizeoutput_1598_convert_20190707133425.jpeg


昨日と今日でボストン観光は終わり、明日は朝一で空港に向かったのです。
実は、この二日間で、まじ??!!と驚き笑えたことがあり、後で書きますね。